リア充が羨ましい・・・彼女欲しくて5年間努力した僕の末路

心構え
ガチャペン
ガチャペン

こんにちは。

ガチャペンこと、ともひろです。

リア充が羨ましい。

俺の人生は毎日毎日同じことの繰り返しで、誰とも喋らず口が乾ききって頭はぼーっとして、もう発狂したい。

 

普通に彼女できてウェイウェイ楽しんでる奴らはなんで彼女できるの?

意味不明。

 

おまけに俺の顔は出っ歯で口が閉じれず、女子にキモいと言われて育った。

 

俺だって、可愛い子に抱きつかれたい。

でもそんな人生はもう無理なんだ。

 

・・・

 

これは過去の僕です。

ですが、結論から言うと、僕はそんなモノクロの人生から這い上がることができました。

 

同じ悩みを持っている人がもしいたら、ここからの話をぜひ聞いてください。

僕はそんなどん底状態から、具体的には毎月色んな子とHする人生に変わりました。

 

いきなり信じられないと思いますが、僕は童貞時代から、3年間の葛藤の末、初めての彼女を作り、2年間の葛藤の末、結婚しました。

 

僕がこのようになれた過程を、物語形式で読みやすくしました。

でははじまりはじまり。

リア充が羨ましいと言って病んでいた僕の復活物語

僕が大学生の頃の話。

僕はリア充が羨ましくて仕方なかった。

 

あいつらは簡単に彼女できて、

「お前も彼女作れよ〜笑」

とか言ってくる。

 

正直うざい。

彼女が作れたら苦労はしないんだが??

 

リア充どもは頭が湧いてんな。

彼女を作ることほど難しいことは、この世に存在しないんだが??

 

俺は会話も下手で、

「こんなことを言ったらどう思われるかな」

と不安で、嫌われたくなくて、だから自信もないし、会話も盛り上がらない。

 

女子には話仕掛けてもらえないし、話しかけることもできない。

 

あ、そもそも俺の学部は女子いないし、いても話しかけに行くことは不可能だった。

ふははww

 

もうなんだこれは。

 

俺はお母さんに申し訳なくて、毎日毎日心の中で謝ってた。

「こんな俺でごめん」

と。

しかし、あるきっかけで僕は変化していくこととなる

しかし、そんな僕も、あることがきっかけで変化を見せた。

 

ネットでこんな広告を見つけてしまったんだ。

 

「口下手でもブサイクでも、かわいい彼女を作ることは可能です!」

と言う広告を。

 

今思えばそんな怪しい広告、よく信じたなあ。。

 

けど、俺はその広告を信じ、気づいたら2万円の恋愛教材を買っていたのだ。

 

当時自分のクレジットカードがなかったので、親のクレカでこっそりと買った。

何を買ったかはバレないようになってるらしいからね。

 

そして教材が届いた。

メールにpdfのリンクが送られてきたんだけどね。

 

僕は周囲に誰もいないのを確認し、手に汗を握り、そのpdfファイルを開いた。

 

その瞬間・・・

道が開けた気がした。

希望がメラメラと湧いた。

 

だって、今まで全く分からなかった、

「女の子と付き合うための具体的な手順」

がとてもわかりやすく書かれていたから。

 

やばい。

この通りに会話すれば、俺も

「普通に彼女できる男」

になれるのか!?

 

俺があれだけ羨ましいと思っていた、あのリア充たちに!!

 

ちなみにその教材だったかは忘れたけど、どっかに

「世の彼女いるリア充たちは、イケメンであることに頼ってるだけで、大した会話できないので、あなたがちゃんと会話の理論を知って会話すれば、そいつらに勝てますよ」

みたいなことが書かれていた。

 

マジか!!!

うおおおおwwwww

俺はとんでもない知識を知ってしまった!!

 

それからと言うもの、僕は女性に好かれるためにはどうすればいいか、学びまくった。

 

女の子と会話するときは、当たり障りのない情報ではなくて、女の子が何を感じているか?どう思っているか?という感情を引き出さないといけないんだ!

とか、

女性がどのくらいこちらのことを好きなのか?を見極めないと大変なことになる話とか。

嫌われてるのに馴れ馴れしいLINEをしてもますます嫌われるし、逆に、好かれているのに当たり障りのない会話ばかりしていたら冷められてしまうみたいなね。

 

そういうこともたくさん学んだ。

 

気がついたら、電車の中でも「彼女の作り方」のpdfを読んでいるキモい人間となった。

 

しかし、

「何がキモいの?誰にキモがられようが、彼女を作って幸せになりたいんだよ俺は!!!」

こうして俺は、誰に何を言われても恋人を作るまでは人生終われないというモードに入った。

 

だって、恋愛の勉強をすればするほど、恋愛で上手くいっている人の人生がどんどん見えてくるんだもん。

 

僕は恋愛を勉強する中で、彼女作りたい人が集まるセミナーとかで男友達を作ることも頑張ってたんですが、そこでもう、とんでもない連中がわんさかいるのです。

 

お前らは化け物か!と正直思ったくらい。

 

40代で素人童貞なのが悔しくて、世間の冷たい目を一切無視して女の子と出会いまくり、デートしまくり、理想の女性を見つけて結婚したハゲ男とか・・・

 

出っ歯で口が閉じれなかった僕よりもひどい外見の人が、あ、その人は歯がめちゃくちゃ黄色くて、めちゃくちゃ見た目が汚いらしいんですけど、合コンで会った可愛い子とその日にHしてたらしいです。

 

そんな話がポンポン出てくるんだから。

 

もうこれ、自分殴りたくなるじゃん。

 

俺は何を甘えていたんだ?

 

「他人に嫌われるのが怖いから、女子と話せません・・・」

「バイトの子が可愛いので狙いたいけど、緊張してしまって・・・」

こんなことしか言っていない僕とは雲泥の差。

 

俺はまだ大学生で若いのに、40代でハゲてるけど頑張ってる人もいるんだよ。

歯が黄色くても努力して、可愛い子とキスしちゃう男もいるんだよ(この人、ホワイトニングしたら化けますね)

もうね、俺は何をやっているんだ!としか思いませんでしたね。

 

だから、ほんとに火がついたんですよ。こっから。

ここからだ。僕が狂ったように努力を始めたのは・・・

僕は言い訳をやめたんです。

 

僕はずっと出っ歯だったのですが、

出っ歯だからなんだというんだ!

出っ歯だろうと見た目に自信がなかろうと、会話に自信がなかろうと、女の子と会って会話するんだよ!!

おい俺!お前は彼女作りたいんだよな???

彼女作って、一緒にポケモンやりたいんだよなあ????

可愛い子が抱きついてくる夢を、夢で終わらせたくないんだよなあ?????

 

じゃあ頑張れよ。努力しろよ。甘ったれるな。

ブサイクだろうが口下手だろうが女子に好かれる方法はもう、教材を買って知ったんだろ??

 

じゃああとはやるだけだろうが!

やれよ俺!やれ!!!

 

こうして僕は死ぬ気で努力することにしました。

本当にあの頃は狂ったように努力しましたわ・・・

 

すでにこのとき社会人1年目となっていたのですが・・・

会社の昼休みはご飯も食べずにマッチングアプリの女の子にメールを返す日々。

しかも、そんなアプリの画面を会社の人に見られたくないから、どんなに寒い日も外に出て、人気のない道端で突っ立って、携帯を鬼のような形相で眺める日々。

あ、残業代も出ないクソ会社だったので、お金がなく、カフェ代はもったいないからその辺の道でメールしてました。

 

会社と女の子のこと以外考えない人生がスタートしました。

 

趣味?何それおいしいの?

娯楽は全部やめて女子に好かれることだけを頑張りました。

(ちなみに疲れたらちゃんとリフレッシュしましょうね)

 

そして・・・

流石にこれだけ狂ったように努力していたら、アプリで出会えるようになったんですね。

 

週に1人とか2人とか会えるようになり、会社もあるのにマジで忙しくて死にそうでした。

 

いやでもデートが決まってしまうので、お店を予約する時間がないので会社を抜け出して道端で予約の電話入れたり・・・

1日に何人もおやつデートを入れてしまって、甘いものを2回連続で食べて胃が死んだりとか・・・

20人連続で振られて、自分にはもう価値がない。と人生の終わりを感じ、思いつめたりとか・・・

 

しかしやっぱり上手くいきましたね。最後には。

童貞を卒業し、気づけば毎月のように違う女の子とHしたり、彼女が5人になってしまったりするように成り果ててしまいました。

 

そして罪悪感に潰された僕は気づくのです。

恋愛が全てではないと。

悟りを開いた僕は、一番好きだった子と、結婚したのでした。

 

今は女子に会ってもバカにされることはないし、本当に生きやすくなりました。

毎日嫁から「好き」と言ってもらえるから、自己肯定感は保たれています。

 

僕はもともと自分に自信なかったけど、恋愛を必死に頑張った経験が蓄積された今では、誰になんと言われても動じないメンタルを手に入れました。

 

自分に自信がつくと、人生全般が変わります。

 

嫁の実家の人たちとカラオケ行ったりするのを最近は楽しんでます。

嫁の親たちは笑顔で僕を認めてくれて、コミュ力磨いといて本当に良かったと思いました。

 

過去の孤独でボロボロな人生には、絶対戻りたくない。

 

僕の家族と嫁の家族が同じ空間にいることが本当に不思議です。

 

これからも僕は、コミュ力を磨き、幸せな人生を追求していきます。

 

ここ数年のうちに子供が欲しいのですが、どうせ子供は僕に似て、人見知りでしょう笑

なので親として、人と仲良くなる方法は教えていきたいですね。

僕は友達いなくて彼女いなくて本当に苦しんだから、子供がもし孤独だったら、気持ちが分かる気がするのです。

 

人間関係は人生を変えると本気で思ってます。

 

友達できないところから、友達できるようになる。

彼女いない童貞から、彼女いる人間になる。

 

僕はその過程を通ってきたから、身にしみて感じるのです。

 

長くなってきたので、この辺でおわり。

 

P.S.

僕の詳しいプロフィールはこちらです。

【自己紹介】無口で出っ歯な童貞が結婚へ・・・僕の人生の理念を語る
このブログ書いてるの誰?ってなると思うので、 このページでは、僕の自己紹介をさせていただきます。 僕は今29歳です。 3つ年下の嫁がいます。 童貞で友達ゼロ人の大学時代から、 狂ったように彼女作...

もし共感してくれた人いたら、あなたも一緒に彼女作りませんか?

ぜひ悩みを送ってください。

メルマガかLINE@で返信くださいね。

メルマガはこちら

ここから先は、可愛い彼女を作りたい人以外は読まないでください。

このブログ書いてるの誰だよ!

と思うかも知れないので、自己紹介しますね。

 

僕は無口でブサイクで、友達がいなかったけど、

ある恋愛の師匠との出会いで人生が変わりました。

 

師匠から恋愛を教わった僕は、月に2人の女の子をゲットするようになり、その結果、見た目がドンピシャで興奮する年下の女の子と出会い、彼女にすることができました。

 

今はその子と幸せに暮らしています。

 

僕は昔、誰もが認める無口で、

中学校、高校、大学まで友達が1人もいなくて、

25歳まで女子に触れたこともない童貞でした。

 

当時好きだった子に

「何もしゃべらないし顔もキモい」

といじめられ、本当に辛かったです。

 

そんな女の子をやすやすとかっさらっていく

イケメンリア充は爆発してほしかった。

 

ちょっと口が達者だからって、

ちょっと女の子寄ってくるからって、

調子乗んなよって思ってました。

 

でも、愚痴をこぼしていても人生何も変わりませんでした。

僕は悔しかったので、モテる方法を研究しました。

 

そしたら、運よく恋愛の師匠に出会い、

恋愛を教わることになったのです。

 

すると、あれだけ無口で顔がキモかったのに、
人生初の彼女を作ることに成功してしまいました。

 

僕は自信がついてしまい、舞い上がった結果、

一ヶ月に2人の女の子をゲットして女遊びもしつつ、

今は大好きな彼女と幸せに暮らしています。

 

「は?友達がいなくて童貞だったやつが、見た目が可愛い彼女を作れるわけないだろ!」

 

と思うかもしれません。

 

僕も昔、同じことを思っていました。

 

可愛い子なんかが僕のこと相手にするわけがないと。

 

でも僕は、師匠に出会って価値観が変わりました。

 

その師匠は、僕よりブサイクで、どうしようもない見た目なのに、

可愛い子をバンバンゲットしまくっていたのです。

 

何だこの人は・・・ブサイクだったら女の子は寄ってこないはずなのに・・・いったい何故・・・

 

あまりの凄さに、僕は素直になるしかありませんでした。

 

僕は、師匠に言われたとおりに行動した結果、童貞の卒業どころか、好きになった子と付き合える人間に変化していたのです。

 

別に僕は、あれから性格が変わったわけではありません。口下手なままです。

でも大丈夫でした。

 

好きな彼女とデートができてめっちゃ自信がついて、

仕事もプライベートも超充実するようになりました。

 

昔は好きな子にキモいと言われてマジで死にたかったけど、

その時の感情をバネにして生きてきて、本当によかったと思っています。

僕がこのような人生になれた理由を以下の記事で書いています。

ブサイクすぎる僕の師匠の恋愛ノウハウを読んでみる

LINEで恋愛相談を受付中です。

恋愛で悩んでいることがあれば、LINEで悩みをぜひ送ってくださいね。

僕の直通スマホに届きますので、一緒に彼女を作れるよう、前に進んでいきましょう。

友だち追加

僕は出っ歯で口下手な人間だけど、月に10人の女性と会ってました。

僕は、出っ歯でブサイクで、女子に馬鹿にされて、友達が全くできずに社会人になりました。

しかし僕は、25歳で人生初の彼女を作ることに成功しました。

その後は会社の昼休みに30人の女性とメールをして、月に10人とデートして、月に2人の新しい女の子をゲットする生活に変化しました。

こんなことを言うと、

・もともと才能があったんだろ?

と言われます。

 

そんなわけがありません(涙)

僕は、手取り16万円の会社で働き、そのストレスで借金300万円を抱えたクズ人間で、友達がいないので家に引きこもっていたため、すべての話題に全くついていけない致命的な人間でした。

そんな僕でも恋愛が実り、男としての自信を取り戻すことができました。

 

どんなに今、自信がない人でも彼女を作ることはできる。

僕が変われた葛藤の物語を下記の記事で公開しています。

【自己紹介】無口で出っ歯な童貞が結婚へ・・・僕の人生の理念を語る

心構え
休み時間に30人の女の子にメールして人生変えた、出っ歯でビビリな男の物語

コメント