彼女ができない。僕は焦りまくっていた。

体験談

こんにちは、ともひろです。

僕は、彼女ができなくて焦っていました。

無口で大人しい。友達すらいない大学生。

 

不良になることもできない。

 

無難に生き、この世から気配を消した存在。

 

でも、やるべきことをやるしかなかった。

 

だって、寂しかったから。

 

 

僕はやっと、素直になれていました。

 

ついこないだまでは、

「女の子とか興味ないんだよね~笑」

とか親に笑顔で言っちゃう人間だった。

 

興味がないわけがない。

俺だって、彼女くらい欲しいよ。可愛い子を抱きたいよ・・・

 

だから、すべての趣味を投げ出して、僕は恋愛に打ち込んだ。

 

やるべきことだけをやった。

 

素直になって、行動をしたら、焦りなんか消えていた。

 

焦るヒマがあったら女子としゃべってたから。

 

そしたら、彼女ができた。

 

マジで嬉しかった。

 

こんな世界があるのかと。

 

さっきまで、部屋でパソコンやってチャットして、一人でニヤニヤにやけるだけの人生だったじゃねぇかよ。

 

なのに、今女の子の前で、キスをしてしまった。

 

俺って、リア充になったのか?

 

そうなのか?

 

初めて女の子と体の関係を持った夜。

 

僕は帰りの電車の中で、意識はもうろうとしていた。

 

人生最大の壁を越えた感覚。

 

絶対に眺めることができないと諦めた世界。

 

そんな世界が、僕には見えたのです。

 

やるべきことをやっていたら、焦りなんか消えた話。

 

僕にとってやるべきこととは、なんだったのか。下に書いていきたいと思います。

恋愛商材に書いてあったことをそのままやってみた

僕は何も分からなかった。

だって恋愛経験なんかないもん。

 

あ、その前に、友達の作り方を教えてよw

友達いないからさw

 

と、自暴自棄になることもあったけれど・・・

 

僕は素直になって、恋愛の勉強をしてみることにしました。

 

事の始まりは、ネットサーフィンしていたときに出てきた広告でした。

 

「落としたい女性がいるあなた!この方法を使えば確実にあなたの恋人に・・・」

こんな感じの広告だったかな。

 

怪しいですね笑

 

怪しいと思いました。

 

でも、僕はその当時、バイト先に可愛い色白の女の子がいて、好きになってしまってたんです。

 

「まさかあの子落とせたりしないよな・・・?」

そう思うと急にワクワクしてしまって、気づけばその怪しい広告を、クリックしてました。

 

気づけば、僕はその人の恋愛商材を買って読んでました。

 

なるほどなるほど。

 

そこには、会った女性と信頼関係を構築し、付き合えるレベルまでもっていく手順が、明確に書かれていました。

 

これはやばい。

 

俺は「女子に好かれる方法」を知ってしまった。

友達もろくにいない俺が。

 

俺はもう何も怖くない。

 

妙な自信が沸いてきました。

 

明日もバイトだ。

 

明日もあの子と話して、仲良くなってやるぞー!!

 

すると、もうバイトが楽しくて楽しくて、しょうがなくなってました。

 

こんな俺が可愛い女の子と会話できる、究極の場所。

天国のような場所。

 

ただ知識を知っただけなのに、僕は、恋愛の世界に一歩踏み出した気がして、すごく嬉しかったです。

 

残念ながら、その子はあっさりとバイトを辞めてしまい、彼女にすることはかないませんでした。

 

「マジかよ。くっそ!!」

 

急に焦りが募る。

 

でもこんなところで諦める俺ではない。

 

だってもう知ったんだよ。女子と仲良くなる方法はもう知ってるんだ。

 

その時の僕は、恋愛を勉強することが、日課になってました。

 

好きな子と付き合えないまま疎遠になり、発狂した僕は、

当時流行りはじめたマッチングアプリ「ペアーズ」に登録して、

人生で初めて、女子とデートすることに成功したのです。

(今度、その話も書きますね。)

 

その後、僕はペアーズで初めてのキスと、初めてのラブホ、初めてのHを経験し、新しい世界を知ることとなったのです。

 

AVを見て妄想するのではなく、やっぱり現実世界はいいですね。

いつの間にか、焦りは楽しさに変わっていた。

彼女がいない自分に焦っていた昔の僕は、何もやっていませんでした。

何もやっていない。だから焦りだけが募った。

 

でも、彼女を作るために頑張ってたら、なんか楽しくなってきて、焦りなんかいつのまにか吹っ飛んでいたんですよ。

 

確かに、恋愛活動中も、なかなかうまくいかなくて、自暴自棄になっていたことはありました。

 

でも、基本的には楽しくて、無我夢中で女子と話しまくった。

「彼女を作るまでの手順」を知ったらすでに、焦りはなかったかな。

 

そして、無口な僕が、無口なままで、彼女作れたことが衝撃でした。

 

なんだ、女子はみんな無口男が嫌いなんだと思ってたけど、ちゃんとポイントをおさえて会話すれば、いけるんだな。

と。

 

つまり、やってたら焦りは消えるよ、というお話でした。

ここから先は、可愛い彼女を作りたい人以外は読まないでください。

このブログ書いてるの誰だよ!

と思うかも知れないので、自己紹介しますね。

 

僕は無口でブサイクで、友達がいなかったけど、

ある恋愛の師匠との出会いで人生が変わりました。

 

師匠から恋愛を教わった僕は、月に2人の女の子をゲットするようになり、その結果、見た目がドンピシャで興奮する年下の女の子と出会い、彼女にすることができました。

 

今はその子と幸せに暮らしています。

 

僕は昔、誰もが認める無口で、

中学校、高校、大学まで友達が1人もいなくて、

25歳まで女子に触れたこともない童貞でした。

 

当時好きだった子に

「何もしゃべらないし顔もキモい」

といじめられ、本当に辛かったです。

 

そんな女の子をやすやすとかっさらっていく

イケメンリア充は爆発してほしかった。

 

ちょっと口が達者だからって、

ちょっと女の子寄ってくるからって、

調子乗んなよって思ってました。

 

でも、愚痴をこぼしていても人生何も変わりませんでした。

僕は悔しかったので、モテる方法を研究しました。

 

そしたら、運よく恋愛の師匠に出会い、

恋愛を教わることになったのです。

 

すると、あれだけ無口で顔がキモかったのに、
人生初の彼女を作ることに成功してしまいました。

 

僕は自信がついてしまい、舞い上がった結果、

一ヶ月に2人の女の子をゲットして女遊びもしつつ、

今は大好きな彼女と幸せに暮らしています。

 

「は?友達がいなくて童貞だったやつが、見た目が可愛い彼女を作れるわけないだろ!」

 

と思うかもしれません。

 

僕も昔、同じことを思っていました。

 

可愛い子なんかが僕のこと相手にするわけがないと。

 

でも僕は、師匠に出会って価値観が変わりました。

 

その師匠は、僕よりブサイクで、どうしようもない見た目なのに、

可愛い子をバンバンゲットしまくっていたのです。

 

何だこの人は・・・ブサイクだったら女の子は寄ってこないはずなのに・・・いったい何故・・・

 

あまりの凄さに、僕は素直になるしかありませんでした。

 

僕は、師匠に言われたとおりに行動した結果、童貞の卒業どころか、好きになった子と付き合える人間に変化していたのです。

 

別に僕は、あれから性格が変わったわけではありません。口下手なままです。

でも大丈夫でした。

 

好きな彼女とデートができてめっちゃ自信がついて、

仕事もプライベートも超充実するようになりました。

 

昔は好きな子にキモいと言われてマジで死にたかったけど、

その時の感情をバネにして生きてきて、本当によかったと思っています。

ブサイクすぎる僕の師匠の恋愛ノウハウを読んでみる

体験談
ともひろをフォローする
クラスで一番しゃべらなかった僕が、彼女を作ったら人生変わった話

コメント