付き合う前のデートで手を繋ぐのは当たり前!拒否されないで手を繋ぐ方法

デート

こんにちは、ともひろです。

今回は、デートで好きな子と手を繋ぎたいのだけど、

「拒否されないだろうか・・・」

と、怖くて繋ぎにいけないあなたのために、記事を書いていきたいと思います。

 

手を繋ぐ行為は、男性側から行わなければならないし、なれていないと非常に怖いと思います。

僕もビビりまくっていたのでよくわかります。

 

しかし、手を繋ぐという行為は女性と付き合う上で非常に重要で、しかも、「付き合う前に」繋ぐことが理想です。

 

これはマジなんです。

 

この記事を読めば、

付き合う前に手を繋がなければならない理由がわかり、なおかつ、

「拒否されるかも・・・」と、ビビってしまって手を繋げない状況を突破できるはずです。

そもそも、なんで手を繋ぐのをビビってしまうのか?

はい、僕もそうでした。

どうして手を繋ぐことをビビってしまうのかと言うと

  • そもそも、手の繋ぎ方がわからない。忘れた。
  • は?付き合う前に手を繋ぐとか何考えてんだ?チャラすぎだし嫌われるだけだろ。
  • 手を繋いだ時、「え?」って顔されたらもう死ぬしかないだろ

だいたいこんな感じでしょうか。

 

僕が童貞のころなんかは、手を繋いでいるイメージ自体沸かず、そもそも人間と手を繋ぐ行為が10年ぶりとかなので、手の繋ぎ方を知らない不安が大きかったです。

 

しかし、付き合う前には手を繋がなければなりません。これは絶対です!

  • 手は付き合ってから繋ぐものである。

そんな常識は、今すぐに捨ててください。

 

付き合う前に手を繋がないと付き合えません。

そう言い切る理由を今から説明します。

付き合う前に手を繋ぐ必要がある理由

では、付き合う前に手を繋ぐ理由について説明します。

異性として認識させるため

まず、大前提にこれがあります。

いきなり告白して、撃沈するってよくあるパターンじゃないですか。

それって、女性がこちらのことを男としてみていない、あるいは、恋人関係になるだなんて想像もしていなかったのに、いきなり告白されるからビックリされて引かれるわけです。

 

は?そういう関係だったの?そういうのはちょっと。

 

あなたも経験あるかもですが。

(僕は告白できないチキンだったので、こんな経験すらできませんでした笑)

 

で、どうするかというと、告白はしてないんだけど、「好き」とは言ってないんだけど、「好き」であるかのような、間接的な好意を示していくことが重要なんです。

 

好きとは言ってないので、振られません。当たり前ですよね。そこが美味しいんです。

そして、そういうことをやっていると、こちらのことを男として見ざるを得なくなります。

 

手繋ぎは、男として認識させるためのリスクの低い手段になるのです。

こちらのことをどれくらい好きかチェックするため

次はこれです。

 

当たり前ですが、手繋ぎを拒否られたらまだ決めにいく段階ではないし、手繋ぎがすんなり受け入れられたら、はっきり言って告白かゲットをして良いです。ってかしてください。

 

これは別に、今すぐに付き合えなくてもゲットできなくても良いのです。

 

駄目なのは気まずい雰囲気になって男としての魅力が下がることなので、

「付き合うのはちょっと・・・」

と言われても、

「あ、そうなんだ笑」

と言って普段通りに接していれば、接点が途切れず、次回のデートで付き合ったりゲットできるという現象が起こります。

 

付き合う前に手を繋ぐ理由はこれだけです。

初めて手を繋ぐタイミング

僕は、付き合っていない状態のデートで手を繋ぎに行って、拒否られたことはないです。

なんでかっていうと単純に、手を繋いでも拒否られなくなってから、手を繋いでいるからです。

何回目のデートで手を繋ぐか

これは人それぞれの恋愛スタイルによるのでどれがいいというのは言えないのですが、僕が初心者におすすめするのは

2回目のデートで手を繋ぐ」です。

 

2回目のデートに来ている意味を考えてください。

 

どうして2回目なのかというと、こちらのことを恋愛対象として見ていない限り、2回もデートに来ないからです。

そういう傾向は非常にあります。

 

つまり、言ってしまえば

「私は2回目のデートに来ました。だからあなたを男として見てます。手を繋がれてもいいかな」

というサインでもあるわけです。

 

なにはともあれ、2回目のデートに挑むときは、「絶対に手を繋ぐぞ」と心に決めてください。

デートのどのタイミングで手を繋ぐか

2回目のデートならいつでも闇雲に繋げばいいというものではありません。

 

2回目のデートで会ってすぐは、お互い初デートのときの温度感まで会話を温めてからの方が良いです。

つまり、会っていきなり繋ぐのはリスクがありますね。

 

ですので、食事などをして盛り上がったあと、外に出て歩き始めたときに繋ぎます。

どうやって手を繋ぐのか

では実際に、どうやって手を繋ぎにいきましょうか?

 

よく、こういう風に言われていますね。

「道に迷わないように」

などと発言して手を繋ぐようにと。

 

しかし、これで2人の中は進展しましたか?

 

これではあくまでただ単に

「道に迷わないために」

繋いでいるんですよ、となってしまい、男として認識させずらくなってしまいます。

 

これではもったいないので、どうするかというと

 

「なんかデートしてる感じしなくない?」

「え?」

(さっと手を繋ぐ)

「この方が(手を繋いでる状態の方が)やっぱいいよ」

こんな感じで繋いでいきます。

 

ポイントは、

「もう手を繋ぐような関係なのに、繋いでいないのが変な感じだから繋いでみた。」

と、当然のような態度で繋いでください。

 

当然の態度、これが最大のポイントです。

 

もう、堂々と「デート」と発言してください。

2回もこちらに会いに来ているという事実を担保に。

「デート」なんて言われたら、どうかんがえても友達として会ってるんではないと認識してくれます。

 

そして、絶対に

「手繋いでいい?」

と聞かないことが重要です。

 

女性は男性が自信をもって手を繋いでくるのを待っているので、女々しい態度となり、一気に好意が下がってしまいます。

聞いてしまうと繋げない、と思っておいた方がいいですね。

手を繋ぐのを拒否されたら・・・

手を繋ぐのを拒否されたら、どう対応すればいいでしょうか?

これがぶっちゃけ一番気になるかもしれません。

 

これも、拒否のされ方にもパターンがあります。

明らかに嫌がられた

残念ですが、明らかに嫌がられた場合、初デートのときに男として見られる会話ができておらず、

「友達として会っている」

状態と考えられます。

ですが、ここで気まずい空気になると好意が一気に下がってしまうため、

「俺が勝手に盛り上がっても馬鹿みたいだからやめたw」

と明るく返し、今後異性として見られるために会話を続けてください。

こうすれば、好意が下がらずに、持ち直すことが可能です。

ただ緊張しているだけのようだ

緊張しているだけだと思ったら、

「あれ、緊張してる?笑」

と、相手が緊張していることを話題にして、手繋ぎを継続してください。

まとめ

「手を繋ぐ」行為は、相手に告白せずに間接的に男としてみられるようにする、便利な手段です。

「いつ、どのように手を繋ぐのがベストか」

を知識として知っているのと知っていないのでは、全く違います。

 

実際、この知識があるだけで、圧倒的に異性に手を繋ぎにいけるようになるので、試してみてください。

コメント