「コミュ障だけど彼女欲しい」結局彼女を作る手順はこれだ

マインド

こんにちは、ともひろです。

コミュ障でも彼女が作れる方法を、書いていきたいと思います。

 

 

まずですが、僕は色々な記事でこのことを書いている気がしますが、恋愛をシンプルに考えてください。

 

女性と出会って、「この人と一緒に居たい」と思ってもらえれば、告白して付き合えます。

以上なんです。

 

簡単に言えば、

彼女を作る = 出会う × 会話する × 告白する

ということです。

 

もっと詳細に書くと

彼女を作る = 彼女が作れる思考 × 出会う × 会話する(魅力を伝える)× 告白(ゲットする)

になります。

 

「彼女が作れる思考」とは、彼女が作れる考え方のことで、考え方がしっかりしていれば、自動的に恋愛を勉強しますし、出会いも増やしますし、会話力も磨きますし、経験値も増えて告白もできるようになります。

 

思考はすべての土台なわけです。

 

ちなみに「ゲットする」とは、女性と肉体関係になることを言います。

Hすることですね。

 

この、彼女を作る公式は絶対に覚えていただきたいと思います。

 

「彼女が欲しいけど、できてない」

という方は、この公式のどこかで止まっている可能性がありますし、こうして論理的に恋愛を考えないと、いつまでたっても

「なんかうまくいかねー」ってなってやる気を失い、また職場と自宅の往復生活に戻ってしまう・・・ということにもなりかねません。

 

というのはかつて僕がそうだったからです。

 

で、僕は中学高校大学と、友達が一人もいませんでした。

高校時代は特に、一言も声を発することなく一日が終わる事が普通でした。

 

学校に行ってるのに一日中無言なんですよ。

コミュ障過ぎでしょ!って今思いました笑

 

しかしそんな僕でも、彼女を作り、童貞を卒業し、今では、大好きな彼女がいます。

だし、いつでも彼女を作れるようになりました。

 

僕がそうなれたのは、「彼女ができる」というところに到達するまでにやるべきことを、ただやったから、に他なりません。

 

もしあなたがコミュ障で、どうしても彼女が作りたい、女の子というものを抱いてみたい・・・

と思うのであれば、コミュ障であることを言い訳にせず、やることをやる必要があります。

 

何をやればいいか?を書いていきますね。

どうしてコミュ障なのに彼女ができると断言するのか?

まずですが、どうしてコミュ障なのに彼女ができると断言するのか?

それは、世の中にはたくさんの女性がいるからです。

 

たくさんの女性がいるということは、男性の好みも千差万別なわけです。

ということは、あなたを好きになる人が、必ず存在します。

 

これはすごく希望だと思いませんか?

まずはこれを知って欲しいんです。

 

彼女が出来たことない人は、これを知らないから、まるで全世界のすべての女性に相手にされないかのような錯覚に陥っているんです。

彼女欲しいと思う気持ちが素晴らしい

「彼女が欲しい」

まず、その気持ちが素晴らしいです。

 

普通、自分がモテない、彼女ができないということを認めたくないです。

 

俺はコミュ障だ、ということを認められないので、

「女に興味がない」と言い出します。

 

人間は、自分がダメだということを認めたくないのです。

 

しかし、あなたはそれを認めることができた。

 

認められれば、じゃあ彼女を作るためにどうしようか?と考えることができます。

 

一歩踏み出すことができます。

 

コミュ障は、知識と経験が少ないことで起きている現象なので、全く問題ないのです。

 

自転車にはほとんどの人が乗れますが、自転車を練習しなかった人は乗れません。

当たり前だし、自転車に乗りたかったら練習すれば乗れるだろうって思いますよね?

 

恋愛も同じです。

恋愛を学ぶ習慣がないから、そう思うだけなんです。

 

イケメンがなぜ勝手にモテるか?

 

顔が良いというのももちろんあります。

 

しかし、彼らは学生時代から、顔が良いというところで勝手に女性たちに魅力を与えているため、圧倒的に女性とのかかわりが多くなり、圧倒的に女性経験をするようになる。

 

自転車に乗りまくっているから乗れる、という話なんですね。

 

ですが、イケメンでなくても彼女を作ることはできます。

 

「俺でも彼女を作ることは可能だ。だってそうでしょ?世の中にはたくさんの女性がいるのだから」

こう考えられるように、まずはなってください。

女性と出会おう

とにかく圧倒的に女性と出会いましょう。

早く彼女を作るためには、

「恋愛したい女の子が集まっている場所に行く」

これが鉄板です。これが早いのです。

 

もちろん、学校や職場で気になる子がいる人は、そこでも狙いつつも、「恋愛したい女の子が集まっている場所に行く」ということを休日にやっていただきたいと思います。

 

人生初の彼女ができると、圧倒的な自信になります。

これはもう、間違いないですね。

 

「俺でもいけるのか!今までの人生なんだったんだ」

僕は女性と初体験を終えた後、こう思いました。

 

夢にまで見た、女の子を抱く感覚・・・。これを現実のものにしてしまったのか俺は!

ってなりました。

 

今では当たり前になってしまいましたが、当時の感動は忘れずに生きたいと思います。

 

すると、学校や職場で狙っていた子ともうまくいくということが、よくよくよくあるわけです。

男としての余裕や自信が備わって、態度がかわりますから。

 

僕の場合は、彼女ができないのが当たり前な職場で働いていたので、段々と浮いてきてしまいました・・・笑

 

それはいいとして。

 

僕が初めての彼女を作った出会いの場を紹介している記事があるので、ぜひこちらを読んでもらって、行動してもらえたらなと思います。

【実体験】出会いがない男性へ。内気で声が小さい僕が、初めて彼女を作った場所を教えます
「俺には出会いがないんだよ。周りに可愛い子いないしさー」 と思ってないですか? 毎日会社と自宅の往復で、毎日がつまらない。土日に何かするわけでもないので女性と話すことがない。 友達が女っ気のない奴ばかりで誰も紹...

会話をして魅力を伝えよう

女性と出会えるようになったら、女性をデートに誘いましょう。

 

そしてデートした先で、会話をして魅力を伝えます。

 

デートとかしたことない!という方は、ひとまずこちらをご覧ください。

デートとはどこから?映画に行けばデートなのか?女性と付き合えるデートの定義
今日は、「女性と付き合えるデートの定義」ということで、お送りしようと思います。 デートって何? デートとはどこからなのか? デートって何すればいいの?映画を見に行けばいいの? 今気になってる子とデートしたいんだけ...

 

会話で魅力を伝えるとは、どういうことでしょうか。

要は、女性と会話をすることで、「この人のこと好きかも。」と思ってもらうということです。

 

いやー、絶対俺にはできないよ。

何の魅力もないからさ。

そうおっしゃる気持ちもわかります。

 

しかし、もっとも簡単に身に着けられて、すべての女性にやっても絶対に嫌われず、これだけで好きになってもらえる会話というのが存在します。

 

これは、女性は感情を大事にする生き物であり、感情を動かされる人を好きになるという人間の深層心理を利用した、モテる人は当たり前にやっている必須の会話法となります。

 

それをこっちで書きました。是非読んでください。

「つまらない男と言われた」彼女にできるかできないかが決まる、恐ろしい会話の概念とは
僕は、中学校、高校、大学と、女性との会話が苦手で、女性に馬鹿にされていました。 明らかに「こいつ、つまらない男だな」という顔をされて、へこみまくっていました。 思い出しただけでもつらいです。 しかし、ある重...

手を繋いで、告白して付き合おう

デートで会話して魅力を伝えたら、まずは手をつなぎます。

 

手を繋ぐタイミングは2回目のデートがいいですね。

2回目のデートに来てくれたことが、1回目のデートで魅力を感じてくれた証拠になります。基本的には。

 

2回目のデートで手を繋いで、反応を確かめましょう。

手を繋ぐことに関しては、こっちで書いています。

付き合う前のデートで手を繋ぐのは当たり前!拒否されないで手を繋ぐ方法
今回は、デートで好きな子と手を繋ぎたいのだけど、 「拒否されないだろうか・・・」 と、怖くて繋ぎにいけないあなたのために、記事を書いていきたいと思います。 手を繋ぐ行為は、男性側から行わなければならないし、なれてい...

 

手を繋いで拒否されなくなったら、告白して付き合いましょう。

 

簡単に書いてますが、実は、女性に会話ですでに「好きかも?」と思われているので、手をつないで拒否られなければ、告白できます。

 

フラれても、関係が切れない限り、それはフラれたわけではないので、何度でも告白してください。

告白の仕方についてはこっちで書いています。

【男性編】フラれずに告白するもっとも確実な方法
あなたは今まさに、意中の女性に告白しようとしているかもしれません。 今回のテーマはまさに、「フラれない告白」です。 この記事を読めば、 緊張しすぎて告白できないということがなくなる。 フラれることにビクビ...

まとめ

このような感じで、彼女を作る方法には、明確な手順が存在しているのですね。

彼女を作る = 出会う × 会話する × 告白する

この手順です。

 

「彼女ができる」というところに到達するまでにやるべきことを、感情を抜きにして、淡々と、着実に、一歩ずつこなすことが重要になります。

 

感情的になってしまうと、そこで行動が止まってしまうからです。

 

あの子からのラインが来ない。

もう無理だ。

俺には彼女なんて無理だったんだ。

ではなく、

あの子からのラインが来ないな。

おそらく、ここでミスしたからだ。

 

であれば、この経験を活かして並行して他の出会いを増やしつつ、余裕を得た上で、あの子に電話して、こんな会話をして、デートに誘おうか。

 

それでだめなら今の俺にはあの子が欲している魅力がないということだ。

 

今の俺でも魅力的に思ってくれる子と出会うことが、彼女を作る最も効率的な方法だ。

と考えることができたら理想ですね。

とはいえ恋愛は感情でやるものなので、ここまで冷静に考えることは中々難しいですが・・・。

 

僕が童貞を卒業するまでは、ほんとに、女性に心を動かされないようにしていました。

LINEが来る来ないで、心を踊らされないようにしました。

 

特定の子に固執することなく、客観的に自分を見つめ、彼女を作るという目的に向かって確実に一歩前進してもらえたら、と思います。

 

出会って、会話して、手を繋いで告白する。

以上です。

 

応援してます(‘ω’)ノ

コメント