LINEの返し方が分からない男性が、悩みから解放される方法

LINE
ガチャペン
ガチャペン

こんにちは。

ガチャペンこと、ともひろです。

・女性からLINEが来たけど、なんて返していいか分からない。

・こんなこと返したら、トンチンカンなやつだと思われるかな・・・

・あー、ラインに悩んでるのもう疲れた。時間だけが過ぎていくよ・・・。

 

こんな悩みを持っているあなたへ向けた記事です。

 

僕も、LINEが本当に苦手で、一時期は30人くらいの女性と同時にやり取りしてたので、

「あー、なんて返そう。」

とあれこれ考えて頭が痛くなり、本当に辛かったです。

 

そんな僕が、LINEの返信地獄から解放された方法を書いていきたいと思います。

 

LINEが苦痛なあなたはこれを読んで、LINEに悩まない日々を送ってください。

LINEの返し方が分からないあなたに必要なこととは・・・

ということで、早速結論なのですが、

「変なことを言わなければ、結局何でもいい。悩むだけ無駄」

というのが結論になります。

 

こんなことを言うと、

「いやいや。LINEで好かれる文章を送らないと、つまらないと思われるだろ!」

とか、

「いやいや。LINEで変なことを言ってしまうのが嫌で、なかなか送れないんだよ!」

という罵声が聞こえてきそうです。。笑

 

しかしそれは、LINEというものを根本的に勘違いしている可能性が高いです。

LINE=女性の好感度を下げないようにするためのツール

LINEというのは実は、女性の好感度をキープするためのツールです。

 

どういうことかというと、

基本的には、LINEで女性の好感度を上げることはできない、と思っておいた方が良いです。

LINEというのは、すでにある女性の好感度(好かれ具合)をキープするためのものだからです。

 

考えてみてほしいんですが、嫌われている女性に、いくら頑張ってLINEを送ったところで、どんどん返信がそっけなくなっていって、最終的にはブロックされるだけじゃないですか?

 

僕も幾度となく経験があるけど、すでに嫌われている女性にLINEを頑張っても、悲しいくらい、何を送っても手応えがなくて、そっけない返信ばっか返ってきたりとか、返信がすごく遅かったりとか。

送れば送るほど嫌われていくんですよ。

 

逆に、好かれている女性には、あまりに変なLINEを送らなければ、適当にいい感じのLINEを送っていれば普通にいい感じのLINEが返ってくるんですよね。

 

僕は毎日30人とやりとりしてた時期もありますし、感触としても間違いないです。

 

あなたも考えてみてほしいのですが、嫌いな人が、いくら頑張って好かれようとするLINEを送ってきたところで、

「うわー、あの人からLINE来たよ・・なんか必死に好かれようとしててキモ!」

って思うシーンってたくさんあると思うんですよ。

本音として、やっぱそういう感情ってありますよね。僕もありますよ。

 

こう言った理由からも、LINEは好感度(好かれ具合)をキープして、下げないようにすることしかできないと思っておいてください。

 

つまり、嫌われている人にLINEを送っても嫌われたまま。

好かれている人にLINEを送れば好かれたまま。

ということですね。

女性の好感度を上げて、LINEで悩まなくて済む方法

LINEは好感度をキープすることしかできないと書きました。

ここで、議論は核心に入っていきます。

 

ここまで記事を読んだ方は、

女性に好かれている状態なら、何を送っても返信が返ってくるから、悩まないでしょ?ってことが言いたいの?

と思うと思います。

その通りです。

 

なのでまずは、女性に好かれなければなりません。

どうすればいいのか・・・それはもうこれです。

 

会っている時に仲良くなって、好かれている状態にしてからLINEをする

ということです。

 

まずは会っている時に、会話で好感度を上げてください。

好感度というのは基本的には、会っている時の会話でしか上がりません。

 

会話で好感度さえ上げてしまって、

「ねえ、A男さんって普段何してるんですか?」

「今日は楽しかったです。次会えたりしますか?」

みたいなことを面と向かって言われる状態になったときのことを想像してください。

 

「この子にどんなLINEを送ればいいんだろう・・・ああああああ」

とはならないと思うんですよ。

 

「この子には好かれてるから、何を送っても返信は来るだろうな」という自信がわくんですよね。

こうなってしまえばもう、LINEでどんな文章を送ろうか、何時間も悩んだりせず、パッと送れるようになります。

 

それでも悩む。。という人もいるでしょうけど(僕もどちらかというとそれでも悩んでました)、

そんなときは思い出してください。

 

好かれているなら何を送っても好かれたままだし、

逆に、好かれていないならLINEで何を送っても無駄。

ということを。

好かれていない場合はどうしたらいいの?

ここで、

好かれていない場合はLINEしても無駄なんだろ?

じゃあもう挽回は不可能じゃんか!

という疑問が出てくると思います。

 

これの対処法について最後に解説していきます。

 

これなんですが、、

今まで書いてきた内容からすると、

まずは会って会話すること

が大事でしたよね。

 

つまり、まずは会えないか考えます。

LINEで何をしても無駄なので、まずは会うのです。

方法としては2つあります。

何もしなくてもまた会うチャンスがある場合

例えば学校でまた会えるとか、職場でまた会えるとか、そういったまた会えるチャンスがあるなら無理にLINEをせず、まずは会って会話して、好感度を上げて仲良くなってください。

何か行動を起こさないと一生会えない場合

どうしても、当分会えそうもない場合。

そんなときは、好意がバレないように会うという方法が使えますね。

例えば

・友達とのバーベキューイベントに誘う

・その子が好きだと言ってたライブに誘う

・その子が数学得意だと言ってたから教えてもらいたくてカフェに誘う

など。

 

女性に好かれていなくてデートに誘えない場合、こういった明確な意図を持って会うことが重要です。

女性の好意が低いのに、こっちの好意が高いと逃げられるので、まずは好意を見せずに誘うことが超重要です。

「あのさ、今度ご飯行かない?」

↑これでは好意がバレバレなので、好かれていない場合は確実に逃げられます。

まとめ

まとめです。

LINEは好感度をキープするツールにすぎないので、好かれていないのなら、まずは会って好かれることを優先しよう。

好かれてさえいれば、何を送っても大丈夫なので、LINEの文章で何時間も悩んで苦しむことはなくなります。

 

と言う話でした。

 

LINEで変なことを送っていないのに好意が下がっていくのを感じたら、それはLINEではなく、会っているときに好かれなかったということですね。

 

具体的には

・会っている時の見た目(顔の作りではなくおしゃれに気を使ってるかどうか)がダメだった。

・会話がつまらなかった。

・もっといい男が横からかっさらっていった。

のどれかなので、あなたの行動を見直してみてください。

 

ただ、自分では変なことを送ってないつもりでも、周りから見たら変だったということもあるので、どうしても悩んだら、気の知れた友達とかにLINEを見てもらうのがオススメです。

 

もっといい男が現れた場合は仕方ないですね。

自分自身に原因がある場合は反省しつつ、次に行きましょう!

 

こちらの記事も読むと、LINEで悩まない男になるための理解がより深まります。

【男性目線】好きな人にLINEしたら既読がつかない・・・不安を解消して彼女にする手順

どうせなら、楽しくLINEしましょうー!

 

会話がつまらないのが原因かもしれない・・・と言う人は、こちらの記事で勉強しておいてください。

「つまらない男と言われた」彼女にできるかできないかが決まる、恐ろしい会話の概念とは

ここから先は、可愛い彼女を作りたい人以外は読まないでください。

このブログ書いてるの誰だよ!

と思うかも知れないので、自己紹介しますね。

 

僕は無口でブサイクで、友達がいなかったけど、

ある恋愛の師匠との出会いで人生が変わりました。

 

師匠から恋愛を教わった僕は、月に2人の女の子をゲットするようになり、その結果、見た目がドンピシャで興奮する年下の女の子と出会い、彼女にすることができました。

 

今はその子と幸せに暮らしています。

 

僕は昔、誰もが認める無口で、

中学校、高校、大学まで友達が1人もいなくて、

25歳まで女子に触れたこともない童貞でした。

 

当時好きだった子に

「何もしゃべらないし顔もキモい」

といじめられ、本当に辛かったです。

 

そんな女の子をやすやすとかっさらっていく

イケメンリア充は爆発してほしかった。

 

ちょっと口が達者だからって、

ちょっと女の子寄ってくるからって、

調子乗んなよって思ってました。

 

でも、愚痴をこぼしていても人生何も変わりませんでした。

僕は悔しかったので、モテる方法を研究しました。

 

そしたら、運よく恋愛の師匠に出会い、

恋愛を教わることになったのです。

 

すると、あれだけ無口で顔がキモかったのに、
人生初の彼女を作ることに成功してしまいました。

 

僕は自信がついてしまい、舞い上がった結果、

一ヶ月に2人の女の子をゲットして女遊びもしつつ、

今は大好きな彼女と幸せに暮らしています。

 

「は?友達がいなくて童貞だったやつが、見た目が可愛い彼女を作れるわけないだろ!」

 

と思うかもしれません。

 

僕も昔、同じことを思っていました。

 

可愛い子なんかが僕のこと相手にするわけがないと。

 

でも僕は、師匠に出会って価値観が変わりました。

 

その師匠は、僕よりブサイクで、どうしようもない見た目なのに、

可愛い子をバンバンゲットしまくっていたのです。

 

何だこの人は・・・ブサイクだったら女の子は寄ってこないはずなのに・・・いったい何故・・・

 

あまりの凄さに、僕は素直になるしかありませんでした。

 

僕は、師匠に言われたとおりに行動した結果、童貞の卒業どころか、好きになった子と付き合える人間に変化していたのです。

 

別に僕は、あれから性格が変わったわけではありません。口下手なままです。

でも大丈夫でした。

 

好きな彼女とデートができてめっちゃ自信がついて、

仕事もプライベートも超充実するようになりました。

 

昔は好きな子にキモいと言われてマジで死にたかったけど、

その時の感情をバネにして生きてきて、本当によかったと思っています。

僕がこのような人生になれた理由を以下の記事で書いています。

ブサイクすぎる僕の師匠の恋愛ノウハウを読んでみる

LINEで恋愛相談を受付中です。

恋愛で悩んでいることがあれば、LINEで悩みをぜひ送ってくださいね。

僕の直通スマホに届きますので、一緒に彼女を作れるよう、前に進んでいきましょう。

友だち追加

僕は出っ歯で口下手な人間だけど、月に10人の女性と会ってました。

僕は、出っ歯でブサイクで、女子に馬鹿にされて、友達が全くできずに社会人になりました。

しかし僕は、25歳で人生初の彼女を作ることに成功しました。

その後は会社の昼休みに30人の女性とメールをして、月に10人とデートして、月に2人の新しい女の子をゲットする生活に変化しました。

こんなことを言うと、

・もともと才能があったんだろ?

と言われます。

 

そんなわけがありません(涙)

僕は、手取り16万円の会社で働き、そのストレスで借金300万円を抱えたクズ人間で、友達がいないので家に引きこもっていたため、すべての話題に全くついていけない致命的な人間でした。

そんな僕でも恋愛が実り、男としての自信を取り戻すことができました。

 

どんなに今、自信がない人でも彼女を作ることはできる。

僕が変われた葛藤の物語を下記の記事で公開しています。

【自己紹介】無口で出っ歯な童貞が結婚へ・・・僕の人生の理念を語る

LINE
休み時間に30人の女の子にメールして人生変えた、出っ歯でビビリな男の物語

コメント