話が盛り上がらない男性の最大の原因とは

会話

こんにちは、ともひろです。

あなたは女性との会話が盛り上がらなくて、めちゃくちゃ悩んでいるかもしれません。

 

多くの人が、

  • とにかく話題が思いつかない。頭が真っ白だし、何も出てこない。
  • こんなこと話したら、変な風に思われるかな?と思って発言ができない。

といったことで悩んでいます。

 

あなたはどうですか?

僕はまさに、この状態でした。

沈黙ばかりで、まさに典型的な話が盛り上がらない男です・・・。

今回はこれらの解決策について見ていきます。

 

ほんと、意識するだけでマジで変わるので、よかったらチェックしてください!

 

結論を先に言いますが、会話が盛り上がらない最大の原因は、「あなたが女性に興味がない」ことなんです。

話が盛り上がらない男性の最大の原因

女性に興味がないって

「んなわけないだろ!好きな子を目の前にして一生懸命会話しているんだよ!」

そう思うかもしれません。

しかし、本当の意味で、相手という人間に対して興味を持てているか、考えてみてください。

 

相手に興味がないと、会話って続かないし、盛り上がらないんですよ。

  • 相手の発言に対して質問したり、リアクションができない(そんな気が起きない)

ということになります。

 

よく「何を質問したらいいかわからない」という人がいますが、それは、相手に興味を持っていないんだと思うんですね。

持ってれば、自然と気になることは出てくるじゃないですか。

 

 

例えば、ここでちょっと簡単な例を考えてみますね。

あなたは合コンをしています。2人で話すチャンスに恵まれました。

こんばんは~!!私、弁護士をしてます。

そうなんですね!よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

・・・。

・・・。

 

 

こんな感じになってしまったとしたら、何が悪いのでしょうか?

あなたも経験があるかもしれません。

 

これってなんでこうなっていると思います?

 

それは相手が弁護士であるということに対して、なんとも思っていないからです。

だから会話が盛り上がらないんです。

 

相手の発言に対して興味を持てれば、例えばこんな会話になると思います。

こんばんは~!!私、弁護士をしてます。

弁護士なんですか!?

なんとなく、頭の回転が良さそうな感じが

そうですか?笑

なかなかなれなくないですか弁護士って。

猛勉強したんじゃないですか?

そうなんですよ。

いやーなるまでめっちゃ大変だったんですよ・・・。

大変だったって顔してます(笑)

なんか忘れられない苦労話があるとか?

それが、・・・

こんな感じでしょうか。弁護士の知識とかないんで簡単に作った会話ですが笑

 

ようは言いたいことは、

相手の職業が弁護士と聞いて、

「マジで?」

「めっちゃ頭良さそう」

「なるの大変だっただろうな」

「俺だったら無理」

などなど、感じることは沢山あります。

 

これが相手に興味がないと

「弁護士なんだ、ほう。ふーん」

となってしまいます。

これでは会話はそこで終了します。

 

これではまずいわけです。

 

あなたも人と会話をしていて、「ふーん」で会話を終わらせられてしまったら、その人と話す気が失せますよね?

 

自分に興味を持って質問やリアクション、感じたことを発言してくれる人と、仲良くなりたい、話していて楽しかったと思うんですね。

どうして相手に興味がないのか

じゃあ、どうして気になる相手のはずなのに、相手の発言に対して興味が持てないのか。

 

それは日ごろから、「自分はこう思う」という感情を押し殺して生きてきた人に多いです。

 

つまり、何かが起こった時に、「自分はこう感じた」というのを人に伝える習慣がないことが原因となります。

 

そういう習慣がないと、自分が感じたことを言語化できなくなり、段々と、物事に対する関心が失せていきます。

 

これはものすごく怖いことですよね。

僕は感情のないロボット人間だった

僕は、まるでロボットのように無表情な人生を歩んでいた時期があります。

寒くても暑くても無表情。嬉しいことがあっても悲しいことがあっても常に同じ顔。

中学時代、「お前には感情がないのか?」といじめられました。

 

人間だれしも、何かを考えて、感じて生きています。

自分が感じたことを、素直に言葉にして外に出すことが、必要なんです。

 

暑ければ「暑いね!」寒ければ「寒いね!」と、自分の気持ちを表現する習慣をつけていってください。

話題は無限にある

相手に興味を持ち、自分が相手に対して感じたことを、言葉に出す。これだけで、僕は話題に困らなくなりました。

 

本来、話題はそこら中に転がっているんです。

 

暗くておしゃれな店でデートしているなら、

「お、なんか暗くておしゃれな店ですね」とか

 

女性がいつもと違う髪型をしていたら

「あれ、なんか雰囲気変わりました?」とか

 

お店で食事をしていて料理がなかなかこなくて沈黙したら

「なんか料理全然来ないですね?お腹空いて死にそうなのに笑」

 

こんな感じで、物事に興味があって、何かを感じることができて、それを言葉に出せば、話題は無限にあるんです。

 

もっと言えば、

話が盛り上がらないのであれば、

「話全然盛り上がってない(笑)なんか緊張しすぎてやばいわ~」

と言えば、それ自体が話題になるのです(これ超使えますw)

こんな発言したら嫌われないか心配

ですが、こんな不安が出てくるかと思います。

こんな発言して嫌われたらどうしよう、と。

 

しかし、一番嫌われるのは、何を考えているのかわからない人です。

会話をしてもどんな人かがわからないので、よほどしゃべらずにわかる魅力(イケメンだとか)でない限り、好かれることはないのが現実です・・・。

 

恋愛は、感情が高ぶることで起こる現象なので、どんな人かわからない人に対して何かの感情が沸くことは、基本的にないのです。

 

最初なので、ちょっと度が過ぎた発言しちゃって失敗したっていいんです。

「何を考えているのかわからない人」から成長できたと考えてください。

 

成功はその先にあります。

話題は用意するものではない

話題は、用意するものではないです。

女性と会話するときは、その場になってみないと、どんな話題が適切かなんてわからないんですよ。

用意してきたものを話そうとしても、会話がぎこちなくなったりするので、余計に会話下手なんだなと思われてしまうのはもったいないです。

 

大体こういうことを話そうかなー程度で良くて、こういうセリフで言ったら相手がこう返してきてーとシミュレーションするのは無意味です。

 

シミュレーション通りに会話が進まなかったときにテンパるのがオチです。

 

そうは言っても、

「話題を用意してシミュレーションしないと緊張してしまうよ!」

という人も、用意するから逆に、用意してきたものをいつ話そうか、とか、そもそも用意してきた話題を忘れてしまったりして頭が真っ白になるんだということを思い出してください。

 

それよりも、「今、この状況」を見ることが大事です。

 

「話題なんかいつでも、どこにでも存在しているんだ」と、まずはラクになってください。

まとめ

会話が盛り上がらない男から脱却し、会話が盛り上がる男になるためには?

女性に興味を持ち、思ったことを言葉に出す。

これだけで、会話が続き、盛り上がるようになります。

全てのことが話題になる。

 

女性を前にして、何も思わない人はいません。

何も感じない人はいません。

 

是非、麻痺してしまった自分の感情を呼び起こして、女性と会話に困らない自分を手に入れてください。

コメント