大阪から東京まで飛んできてくれた話と、ピカチュウ理論

物語
ともひろ
ともひろ

こんにちは、ともひろです。

今日は、メルマガ読者さんが僕に会いにきてくれたことをブログに書こうと思ってます。

 

っていうのも、昨日僕のコンサル生に、読者さんと会って飲み会してますみたいなことを話したら、

「ともひろさん、そういう話は書いた方がいいですよ?みんな気になるんで。」

と逆にお説教されてしまいましたので、書いている次第です笑

 

やっぱりそういう、僕が恋愛教えてる様子というのも需要があるみたいなので、今回語っていきますね。

 

今回は、僕のメルマガ読者さんが僕と話すために、なんと大阪から、僕の住む東京まで飛んできてくださった話です。

 

こういう人の行動パターンは、モテる男に共通してることだし、女性を落とすという結果を出す人の特徴です。

 

彼から行動パターンを真似てしまいましょう。

モテる男に生まれ変われますよ。

それはある日のこと。

彼が僕に会いにきてくれた経緯なんですが、僕はLINE@で恋愛相談をやってるんですね。

 

で、そのLINE@にある日メッセージが来ました。

この方が書いているように、

ある程度女性に好かれやすい人前提で書いてあるブログが多くて、そういうのはクソだと思っています笑

あえて汚い言葉でいいましたけど。

 

恋愛というのは、自然体でいると友達すらできない僕のような人間でもうまくいくような、恋愛の基礎から教えないとダメだと思っています。

なのでそういうとこに気づいてもらえて嬉しいですね。

 

で、この方はゲームオタクで29歳で童貞だとのことでした。

なおかつコミュ障だそうです。

なんか僕と近くて親近感も持っちゃいましたね。。

 

そういったLINEが来たんで、

僕はいろいろLINEでアドバイスしてたんですが、

数往復した時点で衝撃のメッセージが。

「僕は大阪住まいですが東京でも北海道でもどこでも飛んで行きます!」

 

!?

マジか。すげえ。

そこまでやる気と行動力があるのなら・・・

と、僕はすかさず会う約束を取り付けました。

 

 

そして東京駅近くの飲み屋を予約して、当日飲み屋に行ってみると・・・

 

「どうも!ともひろさんですよね?」

「あ、はいそうです!」

 

その後、何時間経過したでしょうか。

その飲み屋でビールやらなにやら飲みまくった後で、ルノアールに行ってコーヒーを飲みながら終電近くまで語り合いました笑

女性という生命体

その飲み屋では酔っていたのもあって、女性という生命体の話を詳しくしすぎた気がしますw

 

女性が男性を好きになる理由を明確に言語化したし、

恋愛話から女性の弱点を探り、そこを徹底的につけば勝手に惚れるよ、みたいな話をしたらめっちゃ食いついてくれました。

 

恋愛なんてのは、型があります。

女性に好かれるルールがある。

 

ポケモンとかドラクエってたぶんみんなやったことあると思います。

 

僕はポケモン派なんでポケモンを例に出しますけど、

ピカチュウって電気タイプですよね?

ピカチュウを惚れさせる、いや倒す方法ってなんでしょう?

「こうかばつぐん」の技を使うだけですよね。

ピカチュウは電気タイプなんで、ディグダのあなをほるみたいな、地面タイプの技を出せば一撃でしょう笑

 

実は恋愛も同じでして。

つまり、女性には恋愛タイプみたいなものがあります。

この女性はどのタイプなのか?

を恋愛話で見抜けば、どんな会話をすれば惚れるのかわかってしまうのです。

 

この原理を知ってしまうともう、俺は全ての女性を落とせてしまうんじゃないか?

って気分になります笑

 

もちろんそんなことはなくて、恋愛は確率論だし、日々会話とかを磨いて、女性を落とせる確率を上げていかないといけないし、僕もそれは日々意識してます。

 

ですが女性には恋愛タイプがあるという概念は画期的。

 

例えて言えば、ピカチュウに対して電気技を出して、こうかはいまひとつになって、

「何で俺はこの子を落とせないんだろう」

となっている人が多すぎる中で、恋愛の概念知ってる人はライバルを蹴散らすことができる。

 

だから僕は、恋愛の知識を得ましょうねとずっと言っているのです。

 

僕なんか大人しくて引っ込み思案で、

新宿の歌舞伎町の声かけお兄さんにビビるタイプですが、

恋愛の知識や概念を知ったことで、

狙って女性が落ちることが当たり前に経験できるようになりました。

 

自分のレベルが相手より低くても、相手の弱点をつけば倒せてしまうんですよ。

ポケモンと一緒でね。

 

というわけで、まあそんな感じの話を、飲み屋とルノアールで語り合ってました。

マッチングアプリなんてほぼコピペで会える。

あとは、僕はマッチングアプリなんて、ほぼ全部コピペでやりとりしてますよーと話したら食いつかれました。

 

今回実際にこの方と話した中で一番食いつかれたかも。

 

実際かなり響く人多いのでは?と思います。

僕はコピペで出会いを量産してたんですが、

そういうのってなんか怪しいけど、できたら超魅力的ではないですか?

 

マッチングアプリについて知らない人は、ググれば大量に解説記事が出てくるのでここでは話さないけれど、

ようはスマホでぽちぽちするだけで、一昔前の出会い系のような怪しくて変な女ではなく、

真面目な女子大生やOLと出会えてしまうアプリだと思ってください。

 

で、なんでコピペで会えてしまうのか?

ってことなんですが、

マッチングアプリに限った話をしても、

まず文字のやりとりを始める前の段階で、

男性側の写真やプロフィール文章が女性に見られてるわけです。

 

ぶっちゃけその時点で勝敗は決まっているというか。

 

文字のやりとりを始める前の段階で、

「この人めっちゃ魅力的!やりとりして会ってみたいなー」

となっていたら、多少適当な文章送ってても簡単に会えます。

 

だからちゃんと勉強して魅力的な写真やプロフィール文を書いていれば、コピペで多少質の悪いやりとりをしても会えちゃうわけです。

 

逆に、写真やプロフィール文がダメで、

「んー、この人別にそんな興味ないけど、とりあえずやりとりしてみるかなー」

くらいで思われてたら、

どんなに何時間悩んで渾身の返信を送ったとしても、

ライバルにもっと興味深い男がいたらそっちにいってしまいます。

 

結局女性と文字のやりとりをしても、女性の好意を上げるのは難しいんです。

 

だからマッチングアプリでは、どんな文章を送ればいいの?

ではなくて、写真やプロフィール文が魅力的になるようにしないといかんのですね。

そうすれば送る文章なんて考えなくていい。コピペでいいです。

おっと、話が脱線するので詳しくは他の記事とかYouTube、メルマガをチェックしといてください。

 

こんな感じで、僕が女性を落とす時に考えている裏の思考を酔った勢いで語りまくってしまいました。

 

ちなみに酔った勢いで思い出しましたけど、

僕はシラフで太陽の照りつける真昼間に堂々とホテルに連れ込むんで、

夜に無理やり酔わせてホテルへ強引にーみたいな手は使いません。

 

そういう手こそ、女性によっては警察沙汰になってしまいますからね。

 

ちゃんと恋愛の知識を入れて、正しい考え方のもとで女性と会話して惚れさせれば、

昼間からホテル入れて警察沙汰になるどころか、

「いつ会えるの?」と女性の方がしつこくなってしまう恐れもあります。

 

恋愛の知識は使いすぎると体が持たなくなってしまいますのでご注意をって感じですね。

 

僕は5人キープとかしてましたけどもうしません笑

そういうの違うなーとわかったんで。

あ、キープしないってだけで、ワンナイトはします(爆)

 

という感じですかね。

今回読者さんと会って、僕が有料でも出してない情報もしゃべってしまった感じでした。

 

写真も撮らせてもらえました。

顔も載せていいですよ?とのことでしたが、

流石にそこは伏せさせてもらいます笑

 

こんな感じでルノアールの恋愛勉強会を開催してました。

 

ちなみに、僕みたいな真面目そうな風貌の男が女性を落とすだの、惚れさせるだの言ってたんで、近くの席の女の子に睨まれました(苦笑)

 

あと、めっちゃこの方はパソコンで僕の話をメモしたり、僕との会話を録音してました。

あとで聞き直して勉強するそうです。

 

マジでこれだよなーと思います。

 

恋愛に限らないけど、成果出す人って勉強意欲が半端ない。

知識を得るためならコストを喜んで払ってます。

 

この方も大阪から飛んできてるからコストかかってますよね。

お金も時間も。

 

この後僕がおすすめする教材を買ってくれたりしたんで、

知識に投資するマインドがしっかりしていて僕も負けてられないって思いました。

 

僕も外見への自己投資も含めて、恋愛には250万くらいトータルかけてるんで、やっぱり知識に投資する人しない人では差がつきますよね。

 

ポケモンで言えば、攻略本を買ったりして、ピカチュウがどんな技に弱いか勉強した方が、そりゃあ勝つの楽です。

 

長くなったんで以上で終わらせたいと思います。

 

僕が女性を惚れさせる裏の思考法は以下で無料公開してるので、

一度お試しでチェックしてもらえればと思います。

何百万も投資して、デートも繰り返してきた結果、たどり着いた「恋愛の型」です。

コメント