友達がいない3つの原因「僕は本当に孤独だった」

友達

こんにちは、ともひろです。

「友達がいない。」

人には絶対に言えない悩みじゃないでしょうか。

 

僕は小学校、中学校、高校、大学と、友達がいませんでした。

小中では多少絡んでくる奴はいたのですが、相手の子からしたら、別に僕のことを友達だと思っていなかったことが判明し、親に心配をかけたことがあります。

 

しかし、友達がいないというのは、単に、友達の作り方を知らないだけなのです。

あなたの人格が悪いとか、そういうことでは全くありません。

 

友達の作り方を簡単に言ってしまうと、

・気が合う人間と出会っていない。

・遊びに誘っていない。

・「こいつと一緒に居たい」と思ってもらえてない。

この3つです。

 

すごくシンプルです。

 

この記事では、

「じゃあ具体的にどうすればいいんだよ。」

といった部分を書いていきたいと思います。

友達がいない原因1:気が合う人間と出会っていない

まずは、出会いについてです。

あなたは友達になれそうな人と、日々出会っていますか?

 

出会いというと恋愛みたいですが、友達作りでも非常に重要です。

 

だって、人がいなければ友人関係は、当然生まれませんから。

 

学校や職場で仲良くなりたい人がいる場合は、出会いという部分はクリアしていることになりますね。

 

しかし

「学校でハブられてます。辛いです」

「職場でしゃべらないキャラが定着してしまって、誰とも仲良くないです。今さらどうしようもありません」

 

こういった方がいます。

が、こういった方こそ、外部の出会いを増やしてくださいと言いたいです。

 

学校や職場という、既存のコミュニティで友達作りに失敗した場合、基本的に、復活が難しいのです。

 

僕は高校の頃、学校に到着してはただ席に座り、全く言葉を発しないまま下校の時間になり、帰宅していました。

 

文化祭もトイレの個室を徘徊する始末。

本当に孤独です汗

 

僕はそんなとき、どうすれば周りの人と話せるようになるか、と考えていたのですが、どうやっても無理だったんです。

 

「僕という人間は、全く言葉を発しないし、何を考えているか分からない人」

 

というキャラクターがクラスの中で定着してしまっており、今さらそれを覆すことは不可能だったからです。

 

いや、不可能ではないでしょうが、当時の僕にはきつかった。

 

で、僕はどうしたかというと・・・

 

まあ高校時代は全く何もせず、孤独なまま卒業したのですが、大学に入って人生を変えました。

 

アルバイトという新しいコミュニティに入ったのです。

 

そこから、全くしゃべらないというキャラクターをやめ、自分なりに、頑張って口数を増やすようにしたのです。

 

その結果、友達ができました。

詳しいことは、↓記事に書いたので、よかったら見てください。

【自己紹介】僕の人生が変わるまでの物語(実話)
僕は中学、高校、大学で、友達がゼロ人でした。 そして、25年間、彼女ができたこともなかったです。 幼少期から引っ込み思案で人見知りで自信がなく、周りと全くコミュニケーションが取れない人間でした。 し...

 

このように、人は環境を変えることで、自分のキャラクターをリセットすることができるのです。

 

学校や職場なんて、世界全体で見たら本当に小さな小さな世界なんです。

思い切って外に飛び出してください。

 

「あの頃の俺はなんだったんだ」って思える日が来るのでオススメです。

友達がいない原因2:遊びに誘っていない

あなたは友達になりたい人を、積極的に遊びに誘っていますか?

友達を作るには実は、2人で会話をするということがめちゃくちゃ重要なんです。

 

大人数でワイワイするのも楽しいのですが、友達がいない最初って、そんなの敷居が高すぎですよね。

 

「俺はリア充じゃないからそんな場に行くの無理」

気持ちはすごくわかります。

 

ですし、大人数で会話するより2人で会話する方が、その人と仲良くなりやすいという性質があります。

 

2人で話してたら、単純に相手の意識は自分にだけ向いていますよね?

だから、自分のキャラクターを知ってもらいやすいのです。

 

人は、「この人はどんな性格、考え方をしている人なのか?」

ということが分からないと、友達になろうと思いません。

 

わけのわからない男がいきなり「俺と友達になれ」と言われたら、まず逃げますよね?笑

まずはじっくり、こちらの性格と考え方を知ってもらう必要がある。

 

どんな人か分かったら、安心感が生まれ、信頼できるようになり、友達になるというステージへ行けます。

友達がいない原因3:「こいつと一緒に居たい」と思ってもらえてない。

誰かが友達になってくれるためには、基本的に、

 

・こいつと居ると話したいことを話せるな、とか

・こいつの言ってること勉強になるな、とか

・こいつと一緒に居ると、俺も凄そうに見えるな

 

とか、何かしら相手にメリットを与えればいいのです。

 

人は自分の目的(メリット)のために生きているので、メリットがない人間とは友達になりません。

 

寒い言い方になりますが、心理学的にそういうものなのです。

 

しかし、恋愛ならともかく、友達作りでそんなに細かいことを気にする必要はありません。

相手に楽しんでもらうだけで、友達になれる可能性があります。

 

↓の記事は女子と仲良くなる会話の方法なのですが、同性に対して「こいつ面白いな」と思われる会話の方法でもあるので、よかったら見てください。

「つまらない男と言われた」彼女にできるかできないかが決まる、恐ろしい会話の概念とは
僕は、中学校、高校、大学と、女性との会話が苦手で、女性に馬鹿にされていました。 明らかに「こいつ、つまらない男だな」という顔をされて、へこみまくっていました。 思い出しただけでもつらいです。 しかし、ある重...

友達作りは恋愛ほど難しくはありません。

 

彼女を作ることは簡単ですが、友達作りはもっと簡単です。

何故なら、肉体関係を持たなくていいからです笑

まとめ

友達ができない原因として、

 

・気が合う人間と出会っていない。

・遊びに誘っていない。

・「こいつと一緒に居たい」と思ってもらえてない。

 

の3つがあるとお話ししました。

 

友達を作るには、出会って、遊びに誘って会話することが必要です。

 

僕は友達を作ってみて思うのですが、友達が何人いないと駄目とか、そんなのないですよ。

 

1人でもいいし、あなたがいらないと思っていればゼロ人でもいいのです。

ただ、僕は孤独なのが嫌だったので友達を作りました。

 

友達を作る上で、もし失敗があっても、

「決してあなたの人格が否定されているわけではない」

ということを分かってほしいと思います。

 

世の中には、いろんな人がいるので、あなたに合わない人がいて当然なんです。

 

楽しみながら、いろんな人と関わってみてください。

 

このサイトでは、異性の友達、もっと言えば彼女を作るためのノウハウを公開しています。

ただ同性の友達を作りたい場合も、このサイトに書いてあることを実践すれば、友達はできます。

 

彼女が作れるなら、友達も作れるだろ、という構図であり、それは事実なんですね。

是非、友達や彼女を作って、幸せな人生の一歩を踏み出せてもらえたら嬉しいです。

コメント