女性に嫌われることにビクビクして緊張して、手汗をかく男から脱却した方法

心構え

こんにちは、ガチャペンです。

女性を前にすると、

  • 嫌われるんじゃないか?
  • 緊張がバレたらどうしよう?

と考えて、身体が震えていた僕ですが、

今は女性を前にしてもほとんど緊張しなくなりました。

 

では、何で女性を前にしても緊張しなくなったのか?

 

単純すぎて拍子抜けされるかもしれませんが、

事実、もっとも現実的に効果のある方法なので、言います。

 

それは「慣れる」ことです。

 

いろんな女性と話して、慣れることなのです。

週に1回でも女性と話せば、相当慣れることができて、女性を前にしても緊張しなくなります。

詳しく話していきますね。

女性を前にすると、緊張して手に汗握っていた僕の話

女性の前で緊張して喋れなかった僕の過去の話をしたいと思います。

僕の過去1 合コンでビールのグラスが震えていた僕

かろうじて合コンに呼ばれた僕。

合コンって、なんだかんだで好みの子が1人は来る。

だから、緊張するなー嫌だなーと思いながらも、「行く!」と返事してしまう。

大体3対3でやることが多かったのですが、大抵1人は必ず僕好みの可愛い子が座っているんですよね笑

ともひろ
ともひろ

うわー、この子可愛い。この子落とせたらどんなに幸せだろうか。

は、話しかけなきゃ。

 

でも俺の緊張バレてないかな・・・うわー無理無理。

手が震えてきた。

そうして緊張感丸出しな僕は、緊張していることが女性にバレて、失笑され、

ますます緊張し、手汗でにじんだ僕のグラスはとても震えていて、

まともにビールが飲めませんでした。

僕の過去2 初デートの場所に向かう電車の中で、お腹が痛くなっていた僕

マッチングアプリ(ペアーズ、With、タップル誕生とか)で、初めて会ってデートしていた時の話。

行きの電車の中で、僕はお腹が痛くなり、駅のトイレに駆け込む始末。

ともひろ
ともひろ

こんなことならデートの約束なんかしなきゃよかった。

ドタキャンしたい、ドタキャンしたい・・・

緊張のあまり体調を崩し、デートから逃げようとした僕。

 

そんな中、なんとか踏ん張って、渋谷のハチ公口交番前に着いて、

女性が現れて「は、初めまして」と会話を始めていくのでした・・・。

 

と、こんな感じの僕でした。

それからというもの、マッチングアプリで週に1回のデートをしてみた結果

それからというもの。

当時恋愛を教えてくれていた人が、どうしようもない僕にノルマを課したのです。

 

「そんな緊張するのは、そもそも全然女性と話してないからじゃないんですか?女性と会いまくれとは言わない。1週間に1人でいいから女性と話しましょうよ」

と。

 

こう言われたのです。

 

んー、まあ、1週間に1回なら、何とかやれるかー。

 

女性と関わることから逃げていて、デートの回数が減っていた僕だったんですが、

重い腰を上げてようやくそのノルマをやってみようかなという気になりました。

 

さて、どうやって女性と出会おうか。

僕は、ビールの手が震えるのがとても耐えられないので、もう合コンは嫌だと思いました。

 

だから、一人でこそこそ自分の部屋で恋愛できる、マッチングアプリを選びました。

前からこそこそ女性と会っていたマッチングアプリ。

でも、これから本気で出会ってやろうと思いました。

(マッチングアプリについて詳しくはこちら↓)

引きこもりの僕が、部屋で一人で可愛い子とメールしてニヤニヤしていた話
今日は、女子と上手く話せないのに、 可愛い子とメールできてしまった話をしたいと思います。 インターネットってやばいですね。 僕は自分の部屋でパジャマで布団の上で、 スマホの中にいる女の子とメールのやり...

 

マッチングアプリ(ペアーズ、With、タップル誕生)をやって、

一週間に1人の女性とデートするようにしました。

 

1週間に1人だから、誰も2回目のデートに来てくれなくても月に4人の女性とデートできました。

 

月に4人も女性とデートする男なんて、そういませんよね。

だから、どうやっても女性に慣れてきたのです。

 

気が付いたら、女性と初デートをしても緊張しないし、

良いワクワク感でデートができるようになったのです。

 

僕は当時会社で働いてましたけど、一週間に1人とデートするのは、

土日のどっちかで、たった数時間を使うだけでした。

 

それだけでも、相当女性に慣れました。もうやばいくらい。

あれ?恋愛楽しいじゃん。女性とうまく話せなくたって、別に死ぬわけじゃないし、いいかも。

ともひろ
ともひろ

あー、明日はあの子とデートか。

結構写真可愛いから、楽しみなんだよな。

 

まあ先週も別の子とデートしたし、なんか緊張とか全然平気になったわ。ひょっとして世のリア充も、こんな気持ち?

こんな感じで余裕をこきはじめました笑

一週間に1人とデートしただけで、この余裕は実現しました。

 

しかも、週1でデートしていれば、

2回目のデートに来てくれる女性もちらほら現れてきたので、

デートの回数で言えば、月に5回も6回もできるようになったのです。

 

そうなってくると

ともひろ
ともひろ

誰が誰だか分からなくなってきたなw

えっと、名前間違えないようにしないとな。

 

うはー俺色んな子とデートしてるひゃっぽい!

これでリア充の仲間入りじゃあ!!

と、自信がついてきて、物理的に緊張があり得ない状況となりました。

道行くリア充になるためには、才能なんか必要ない。慣れればいいだけ。

僕はしょっちゅう、新宿周辺を歩くカップルの彼氏に嫉妬していました。

ともひろ
ともひろ

あー、なんだあいつ。なんであんなに女慣れしてんだよ・・・

さすが、生まれた世界が違うわな

こんな風に考えてたんですよ。

 

が、そんな考えは今すぐ改めるようにと、過去の僕に伝えたい。

頑固として否定したいのです。

 

女慣れしてるイケメン連中なんて、ただ単に、女性との接触回数が多いだけなんですよ。

ちょっと顔がいいから、自然に女性がやってきて、女性経験が多くなっただけです。

 

こんなの才能じゃありません。慣れているだけです。奴らは。

 

ともひろ
ともひろ

んじゃ、俺みたいな非リアは、意図的に女性と接触して、慣れるぞ!!!

それであいつらに追いつけるんなら安いもんだ!!

こういう考えることにしたのです。

人間、慣れていることは緊張しませんよね。

 

生まれて初めて歯を磨くときは、うまく磨けるだろうか?

と余計なことを考えて、緊張していたかもしれません(?)。

が、今あなたは、歯を磨く時緊張しますか?

ちょっとわかりにくかったですね笑

 

別の例を出しましょう。

あなたはかつて、会社や学校に入りたての頃、緊張していたと思います。

だって知らない人ばかりだし、何話していいかわからないし。

 

でも、慣れましたよね?

 

4月に入社して、それが5月、6月と出社を繰り返していけば、

周りは知っている人だらけになり、何を話せばいいのかわかってくる。

 

誰でも、最初は怖いんですよ。緊張するんです。

逆に、アホみたいに繰り返して慣れていけば、怖くなくなるし、緊張もしないんです。

 

女性との関わりも同じです。

人間というのは慣れる生き物なので、それが女性とのデートになろうが同じなのです。

 

まずは慣れてください。

失敗してもいいから。慣れただけで成功ですよ。

 

怖いけど、緊張するけど今日はデートしてみた。

それで失敗に終わったとしても、何にもしてない人よりよっぽどいいじゃないですか。

失敗上等です。

 

恋愛の勉強をしたら、まずは女性と会って、試してみて、慣れてみる。

女性と話すことに慣れれば、その後で、色々と自分に足りない部分がまた見えてくる。

 

そうしたら、もう一度復習して、反省して、改善していけばいいだけなのです。

僕はそうしてきました。

 

緊張をなくすには、まずは慣れる。これです。

慣れてから考えるんです。

 

「週に1回、女性と話す」

これを意識してみてください。

 

地味なんだけど、馬鹿にしてみんなやりません。

みんな一瞬で緊張がなくなる魔法みたいな方法を探している。

 

でも、そんな方法はないわけです。

そんな夢物語ではなくて、現実的に効果のあることをやって、

何もしないライバルを蹴散らしましょう!

マッチングアプリで一週間に1人とのデートが決まる方法

ちなみに、マッチングアプリでどうやって女性をデートに誘えばいいの?

というのは、本気で出会いたい方だけにお届けしたいので、メルマガのみで喋ってます。

 

マッチングアプリは月に8人以上とデートすることも可能です。

怪しいと思ったら、とりあえず読んでみてください。無料です。

 

ワクワクするような、年の離れた若くてピチピチの子ともたくさん出会えました。

 

恋愛を成功させて、男としての自信を取り戻し、緊張とは無縁の人生を送ってください。

ではでは。

P.S.
僕は、出っ歯でブサイクで、女子に馬鹿にされて、友達が全くできずに社会人になりました。

しかし僕は、25歳で人生初の彼女を作ることに成功しました。

その後は会社の昼休みに30人の女性とメールをして、月に8人とデートして、月に2人くらいをゲットする生活に変化しました。

こんなことを言うと、

・お金があるんでしょ?

・話が面白いからでしょ?

と言われます。

しかし僕は、手取り16万円の会社で働き、そのストレスで借金300万円を抱えた人間であり、友達がいないので家に引きこもっていたため、すべての話題に全くついていけない致命的な人間でした。

そんな僕でも恋愛が実り、男としての自信を取り戻すことができました。

どんなに今、自信がない人でも彼女を作ることはできる。

僕が変われた葛藤の物語を下記の記事で公開しています。

【自己紹介】無口で出っ歯な童貞⇒月に8人の女性と出会い結婚した僕の物語

LINEで恋愛相談を受付中です。

恋愛で悩んでいることがあれば、LINEで悩みをぜひ送ってくださいね。

僕の直通スマホに届きますので、一緒に彼女を作れるよう、前に進んでいきましょう。友だち追加

ここから先は、可愛い彼女を作りたい人以外は読まないでください。

このブログ書いてるの誰だよ!

と思うかも知れないので、自己紹介しますね。

 

僕は無口でブサイクで、友達がいなかったけど、

ある恋愛の師匠との出会いで人生が変わりました。

 

師匠から恋愛を教わった僕は、月に2人の女の子をゲットするようになり、その結果、見た目がドンピシャで興奮する年下の女の子と出会い、彼女にすることができました。

 

今はその子と幸せに暮らしています。

 

僕は昔、誰もが認める無口で、

中学校、高校、大学まで友達が1人もいなくて、

25歳まで女子に触れたこともない童貞でした。

 

当時好きだった子に

「何もしゃべらないし顔もキモい」

といじめられ、本当に辛かったです。

 

そんな女の子をやすやすとかっさらっていく

イケメンリア充は爆発してほしかった。

 

ちょっと口が達者だからって、

ちょっと女の子寄ってくるからって、

調子乗んなよって思ってました。

 

でも、愚痴をこぼしていても人生何も変わりませんでした。

僕は悔しかったので、モテる方法を研究しました。

 

そしたら、運よく恋愛の師匠に出会い、

恋愛を教わることになったのです。

 

すると、あれだけ無口で顔がキモかったのに、
人生初の彼女を作ることに成功してしまいました。

 

僕は自信がついてしまい、舞い上がった結果、

一ヶ月に2人の女の子をゲットして女遊びもしつつ、

今は大好きな彼女と幸せに暮らしています。

 

「は?友達がいなくて童貞だったやつが、見た目が可愛い彼女を作れるわけないだろ!」

 

と思うかもしれません。

 

僕も昔、同じことを思っていました。

 

可愛い子なんかが僕のこと相手にするわけがないと。

 

でも僕は、師匠に出会って価値観が変わりました。

 

その師匠は、僕よりブサイクで、どうしようもない見た目なのに、

可愛い子をバンバンゲットしまくっていたのです。

 

何だこの人は・・・ブサイクだったら女の子は寄ってこないはずなのに・・・いったい何故・・・

 

あまりの凄さに、僕は素直になるしかありませんでした。

 

僕は、師匠に言われたとおりに行動した結果、童貞の卒業どころか、好きになった子と付き合える人間に変化していたのです。

 

別に僕は、あれから性格が変わったわけではありません。口下手なままです。

でも大丈夫でした。

 

好きな彼女とデートができてめっちゃ自信がついて、

仕事もプライベートも超充実するようになりました。

 

昔は好きな子にキモいと言われてマジで死にたかったけど、

その時の感情をバネにして生きてきて、本当によかったと思っています。

僕がこのような人生になれた理由を以下の記事で書いています。

ブサイクすぎる僕の師匠の恋愛ノウハウを読んでみる

心構え
休み時間に30人の女の子にメールして人生変えた、出っ歯でビビリな男の物語

コメント