寒い中、道端で彼女作ってた童貞時代

こんにちは、ガチャペンです。

今日はいい天気ですね。

僕は今、会社の昼休みなので、会社を飛び出して、道端でブログを書いています。

 

このブログは誰も語りたがらない本音を書いてるので、背後に人が通るような会社やカフェでは作業に集中できないし、カフェとかは混んでるしめんどくさいからです。

それはいいとして、僕は童貞時代、自分の時間が全くなかったので、会社の昼休みを使って道端で彼女作ってました。

「社会人で時間がないから彼女できない」と思っていたのは完全に言い訳だった、というお話です。

耳が痛いかもしれませんが、それに耐えられる人は読んでください。

道端で彼女作る異端児。白い目で見られたけど気にしなかった

道端で彼女作ってたってどういうこと?

それはもう、道端でアプリやって女性とやりとりしてたということに他なりません。

 

何故なら僕には、全く時間がなかったからです。

普通のサラリーマンだったのですが、土日に出勤しないと怒られるという意味不明上司に発狂する毎日。

 

残業が当たり前なのに手取りは16万。

みんな何で我慢してるの?

と思ってました。

 

この話をすると止まらなくなるのでやめますが、ようは時間がなかったのです。

 

時間がない童貞ガチャペンの物語、はじまりはじまり・・・

 

僕は、大して面白くもない、刺激もない仕事を残業してまでやる気はなかった。

何故なら、僕は裏で、職場の人たちよりも楽しくて尊敬できる人たちと出会っていたから。

それは恋愛仲間だ。

自分のダメな見た目や会話力を言い訳にせずに、たくさんの女性に好かれ、彼女と旅行に行って、話の引き出しの多い仲間たち。

なんて楽しそうなんだろう。

会社と職場の往復で、何の刺激もなく、ゲームして2ch見てエロい画像見て可愛い!とか言ってた僕とかけ離れすぎていて、尊敬以上の何者でもなかった。

しかも、決してイケメンでもなく、話も面白いわけでもないのに、同じ世界と思えないほど生き生きしてる人たち。

だから僕も、その世界に行きたかった。

しかし僕には時間がなかった。

毎日残業、土日は出勤。

日曜とかは休めても、疲労で寝てるだけ。

もう泥沼だった。

そんな時だった。

いつでもどこでも彼女を作れるツールの存在を知ったのだ。

それがネットでいつでも女性と出会えるマッチングアプリだった。

ありがとうインターネット。

時間がない僕にぴったりだった。

マッチングアプリが引き起こした壮絶な未来

満員電車の中で合コンを開くことはできないけれど、満員電車の中でマッチングアプリを開くことはできた。

僕は恥ずかしさのかけらもなく、堂々と電車の中でアプリを開き、可愛い子とやりとりをしまくった。

昼休みには、同期の「飯どこ行く?」という誘いを断り、昼飯を抜いて、道端でアプリを開き、女性とやりとりしまくった。

彼女作るためなら、昼飯なんか無駄だ。

道端でアプリいじってたら、時々部長が歩いていて、気づかれた。

「あいつ何してんだ?道で突っ立ってw」という顔をされた。

もう、誰になんと思われようと関係ない。

やらないよりいいだろ。

俺、一生懸命やってるんだ!

妙な自信が生まれてきた。

その自信は、アプリでやりとりをする文章とか、デートした時の会話に現れた。

月に何人も新しい女の子とデートする童貞人間が、果たしてどれくらいいるのか?

確かに俺は童貞だ。

しかし、俺はついこの間まで、なんとなく家でネットやって、なーんも変わらないつまらない人生を歩んでいただけだ。

それが今はなんだ。

気づけば女性デートしてる。

デートにも慣れてきた。

2回目のデートに来てくれた子がいた。

手を繋いでみた。

成功した。

内心舞い上がったけど、慣れてる風を装ってみた。

次に、カラオケに連れて行ってキスをしようとした。

でも恐怖が襲ってきた。

童貞にとって、キスというのはバンジージャンプを跳ぶことより怖いことだ。

しかし、僕は、嫌われることを恐れずに女性とデートしまくってきた自信が、僕の背中を押した。

キスできた。

やばい。女の子とキスしちゃった。

こんな俺が!

は??

こんな俺が??

友達いなくて部屋に閉じこもって、全ての記憶が部屋の中の出来事だった俺が??

ここまで来たのか??

キスに成功してしまった僕は、自信が頂点に達し、ラブホに堂々と連れて行って、恋愛教材で学んでおいた知識を思い出し、慣れないながらも慣れてる風を装って、服を脱がし、その子をゲットした。

感無量だった。

もう俺は、童貞ではなくなったのだ。

自分というアイデンティティが形成された気がした。

もう何も怖くなくなった。

一つ言えることは。

彼女できないのは、やってないからなのだ。

確かに最初はフラれるだろう。

ならフラれないように知識を入れて再挑戦する。

一生童貞か、そうでないかは、やるかやらないか、それだけだったのだ。

出会いゼロから、告白してOKをもらうまでの具体的な恋愛の手順

女性と目が合うといつも避けられてた僕が、

人生初の彼女を作り、月に2人の女の子をゲットして、結婚できた理由。

 

それは、女性が男性を好きになるメカニズムを学び、その本質を、ブサイクでおとなしい僕でもできるノウハウに落とし込んで、実践してきたからに違いありません。

 

実は、女性が男性を好きになる理由には法則があります。

 

僕はその法則と、ブサイクで引っ込み思案な僕にでもできる会話を混ぜることで、

自信がないのに男らしいと思われ、

会話が下手なのに「話しやすい」と言われ、

気づけば毎月新しい子と付き合うようになってました。

 

もともとモテる人は、イケメンで肩書もあるので、法則なんか知らなくても好かれます。

 

ですが、

・見た目に自信がない

・引っ込み思案で、話が面白くない

そういう人は、モテる法則を知らないとマジできついです。

20人と会っても全員にフラレます(僕の体験談)。

 

だからこそ、真面目に勉強すべきです。

↓↓↓

ブサイクで自信がない男性が、出会いから付き合うまでのすべての手順を解説しているメルマガはこちらです。

 

僕のブログを読んで、少しでも彼女欲しいという気持ちがあれば、メルマガを読んで具体的な恋愛を勉強してください!

 

誰に聞いても恋愛なんて勉強していません。

だからあなたが勉強すれば、それだけで勝てます。

それは断言します。

LINEで恋愛相談を受付中です。

恋愛で悩んでいることがあれば、LINEで悩みをぜひ送ってくださいね。

僕の直通スマホに届きますので、一緒に彼女を作れるよう、前に進んでいきましょう。友だち追加

P.S.
僕は、出っ歯でブサイクで、女子に馬鹿にされて、友達が全くできずに社会人になりました。

しかし僕は、25歳で人生初の彼女を作ることに成功しました。

その後は会社の昼休みに30人の女性とメールをして、月に8人とデートして、月に2人くらいをゲットする生活に変化しました。

こんなことを言うと、

・もともと才能があったんだろ?

と言われます。

 

そんなわけがありません(涙)

 

僕は、手取り16万円の会社で働き、そのストレスで借金300万円を抱えたクズ人間で、友達がいないので家に引きこもっていたため、すべての話題に全くついていけない致命的な人間でした。

 

そんな僕でも恋愛が実り、男としての自信を取り戻すことができました。

 

どんなに今、自信がない人でも彼女を作ることはできる。

僕が変われた葛藤の物語を下記の記事で公開しています。

【自己紹介】無口で出っ歯な童貞⇒月に8人の女性と出会い結婚した僕の物語

ここから先は、可愛い彼女を作りたい人以外は読まないでください。

このブログ書いてるの誰だよ!

と思うかも知れないので、自己紹介しますね。

 

僕は無口でブサイクで、友達がいなかったけど、

ある恋愛の師匠との出会いで人生が変わりました。

 

師匠から恋愛を教わった僕は、月に2人の女の子をゲットするようになり、その結果、見た目がドンピシャで興奮する年下の女の子と出会い、彼女にすることができました。

 

今はその子と幸せに暮らしています。

 

僕は昔、誰もが認める無口で、

中学校、高校、大学まで友達が1人もいなくて、

25歳まで女子に触れたこともない童貞でした。

 

当時好きだった子に

「何もしゃべらないし顔もキモい」

といじめられ、本当に辛かったです。

 

そんな女の子をやすやすとかっさらっていく

イケメンリア充は爆発してほしかった。

 

ちょっと口が達者だからって、

ちょっと女の子寄ってくるからって、

調子乗んなよって思ってました。

 

でも、愚痴をこぼしていても人生何も変わりませんでした。

僕は悔しかったので、モテる方法を研究しました。

 

そしたら、運よく恋愛の師匠に出会い、

恋愛を教わることになったのです。

 

すると、あれだけ無口で顔がキモかったのに、
人生初の彼女を作ることに成功してしまいました。

 

僕は自信がついてしまい、舞い上がった結果、

一ヶ月に2人の女の子をゲットして女遊びもしつつ、

今は大好きな彼女と幸せに暮らしています。

 

「は?友達がいなくて童貞だったやつが、見た目が可愛い彼女を作れるわけないだろ!」

 

と思うかもしれません。

 

僕も昔、同じことを思っていました。

 

可愛い子なんかが僕のこと相手にするわけがないと。

 

でも僕は、師匠に出会って価値観が変わりました。

 

その師匠は、僕よりブサイクで、どうしようもない見た目なのに、

可愛い子をバンバンゲットしまくっていたのです。

 

何だこの人は・・・ブサイクだったら女の子は寄ってこないはずなのに・・・いったい何故・・・

 

あまりの凄さに、僕は素直になるしかありませんでした。

 

僕は、師匠に言われたとおりに行動した結果、童貞の卒業どころか、好きになった子と付き合える人間に変化していたのです。

 

別に僕は、あれから性格が変わったわけではありません。口下手なままです。

でも大丈夫でした。

 

好きな彼女とデートができてめっちゃ自信がついて、

仕事もプライベートも超充実するようになりました。

 

昔は好きな子にキモいと言われてマジで死にたかったけど、

その時の感情をバネにして生きてきて、本当によかったと思っています。

僕がこのような人生になれた理由を以下の記事で書いています。

ブサイクすぎる僕の師匠の恋愛ノウハウを読んでみる

物語
休み時間に30人の女の子にメールして人生変えた、出っ歯でビビリな男の物語

コメント