友達が馬鹿にしてきても無視すべし

心構え

こんにちは、ガチャペンです。

今日は、「お前、彼女いないだろ」と、高校の同級生に言われてムカついた話をします。

 

あ、正確には、

「お前、友達いないだろ。彼女とかもいないよな。もう人生諦めなよw」

だったかな。

僕には友達すらなかったから。

 

ははっ友達くらいいるわ!と心の中で叫びましたが、

本当に友達がいなかったので、ただの図星でした。

 

でも。

確かに図星だけど、あまりにひどいわ。

僕は半べそを浮かべ、必死に涙を堪えていました。

 

そして、

ともひろ
ともひろ

お前に何が分かるんだよ!

ともひろ
ともひろ

お前みたいに運動神経よくねぇし、顔も悪いし、人間的に終わってんだから当たり前だろ。ほっといてくれ!

 

こんなブサイクな俺が友達作れるわけないんだからほっといてくれよ!

彼女なんかもってのほかだ!

 

よくもまあ世の中のやつらは結婚できるよな!

お前らと違って、ひょいひょい女の子なんか寄ってこないんだよ!

ともひろ
ともひろ

ちょっとイケメンだからって調子乗るな!

こんなことを叫んでいました。

もちろんビビりなので、直接言えません。心の中でですよ。

 

コミュニケーションが苦手な僕らを否定してくる連中は、

すべてシカトしましょう。

耳を傾けてて凹んでも、何の意味もないんで。

 

でも、リア充のディスりに心の中で文句言ってても、現実は何も変わらないし、カッコ悪いと思いました。

だから僕は、現実を変えるために行動を起こしました。

やつらはなんで僕たちを馬鹿にするのか

コミュ障なところから、努力して友達や彼女を作り、

リア充になった人間は、決して人を馬鹿にしたりしません。

 

何故ならどんな人間も、努力したら変われるということを、

体感として知っているからです。

 

問題は、努力せずに最初からスペックが高くて、

かつ僕たちを馬鹿にしてくる連中です。

 

他人を馬鹿にする人は、

他人を馬鹿にしないと自尊心が保てない人たちです。

 

他人を馬鹿にしないと、自分の立場が危ういのです。

 

つまり、モテない人を否定してくる彼らは実は、自分に自信がないのです。

心のどこかで不安を抱えている可能性が高いです。

 

他人を否定する奴らは、

自分の人生が満たされていないのです。

 

自分の人生が満たされている人は、他人を否定したりしません。

 

詳しいことは、心理学的な話になるので避けますけど、

そんなやつらの言うことを、真に受ける必要はありませんよね?

そんな連中の言っていることは無視して、僕はただ努力しました

僕は、心ない発言をするリア充連中に激怒し、失望し、絶望の淵に立たされました。

とても悔しかった。

こんなやつらとは一切かかわりたくないと思った。

 

でも、だからと言って、一生孤独なのは嫌でした。

 

僕の趣味はゲームなのですが、

ゲームをプレイしていても、虚しい気持ちばかりこみ上げてきてました。

 

ポケモンのレベルを上げていたら、

片思いの子と一緒にポケモンをやってる妄想ばかりが頭に浮かぶ。

 

付き合えるわけでもないあの子の妄想なんて本当はしたくないよ。

でも頭に浮かんでしまうんだよ!!

何をやっても虚しい。寂しい。

 

俺は、孤独から這い上がることでしか、幸せになれないのかもしれない。

そう思いました。

 

だから僕は、努力でリア充の奴らに追いつくしかありませんでした。

 

あいつらは、なーんもしなくたって

ただ何となく顔やトークでモテているだけ。

 

きちんと戦略的に友達を作ったり、

きちんと戦略的に彼女を作ったりしているはずはない。

 

だから僕は、きちんと戦略を練りました。

 

彼女を作るにはまずどうすればいいか?って、自分に問いかけました。

ともひろ
ともひろ

こんな俺が彼女を作るには?

あなたも問いかけてみてください。

 

ともひろ
ともひろ

こんな俺が彼女を作るには?

 

んー、まず、女ってなんだ?状態だからな。

ここ何年も女子と話してない。話しているのはお母さんだけだ。

 

だったら、女ってなんだ?ってのを勉強しないとな。

ともひろ
ともひろ

どうやって話しかければいい?

デートってなんだ?何すればいい?

 

わけがわからないことだらけだからな。

 

ともひろ
ともひろ

んー、本とかネットとかで勉強できないかな?

あ、本屋で恋愛本を買うのは恥ずかしいから、ネットで検索するか。

 

こんなノリで恋愛の勉強を始めました。

すると、恋愛の知識がついてきて、

 

ともひろ
ともひろ

なるほど。女性と仲良くなる手順は分かったぞ!俺にもできそうじゃないか。

なんだよ。恋愛って、声がデカくてイケメンで、自信がある性格じゃないとできないと思ってたけど、大人しいままでも会話の仕方が分かれば女子に好かれることはできるのかよ・・・

こんなことならさっさと勉強しとくんだった。

 

ともひろ
ともひろ

目からウロコ出まくりだわ・・・

あとはとにかく、出会いを増やしてこのノウハウを試してみようじゃないか。

女性との会話方法が分かった俺は、

もう出会いさえすればいいのだ。ウシシ。。。

 

合コンとかは怖いから、ネットのアプリで女の子とメールして、デートに誘おう。

色んな子とデートすれば、1人くらいからは好かれるんじゃね?

 

こんな思考に変化しました。

そして、ネットのアプリで夜な夜な女の子とやり取りをしてました。

引きこもりの僕が、部屋で一人で可愛い子とメールしてニヤニヤしていた話
今日は、女子と上手く話せないのに、 可愛い子とメールできてしまった話をしたいと思います。 インターネットってやばいですね。 僕は自分の部屋でパジャマで布団の上で、 スマホの中にいる女の子とメールのやり...

 

よっしゃああ!!

俺女子とメールしてる!

年下の女の子と付き合って、一緒にポケモンやるんだああああ!!!!

当時の僕ほど恋愛に燃えている時期はなかったかもしれません笑

そして案の定、1人くらいからは好かれ、童貞を卒業するに至りました。

 

リア充な奴らに馬鹿にされたって、完全に無視して、

ちゃんと「大人しいままでも女性に好かれる会話」を学べば、

僕みたいな根暗野郎でも、童貞卒業できました。

 

大人しいままでも女性に好かれる会話は、以下の記事で語ってみました。

「つまらない男と言われた」彼女にできるかできないかが決まる、恐ろしい会話の概念とは
僕は、中学校、高校、大学と、女性との会話が苦手で、女性に馬鹿にされていました。 明らかに「こいつ、つまらない男だな」という顔をされて、へこみまくっていました。 思い出しただけでもつらいです。 しかし、ある重...

 

また、童貞を卒業するまでの詳しい話はメルマガでしているので割愛します。。

ちょっと赤裸々に語りすぎてますし、ボリュームがあるのでブログでは語れません。

 

恋愛の悩みがある人は、メルマガに返信してもらえればお答えするので、そんな使い方もしてもらえればと。

それでは。

P.S.
僕は、出っ歯でブサイクで、女子に馬鹿にされて、友達が全くできずに社会人になりました。

しかし僕は、25歳で人生初の彼女を作ることに成功しました。

その後は会社の昼休みに30人の女性とメールをして、月に8人とデートして、月に2人くらいをゲットする生活に変化しました。

こんなことを言うと、

・お金があるんでしょ?

・話が面白いからでしょ?

と言われます。

しかし僕は、手取り16万円の会社で働き、そのストレスで借金300万円を抱えた人間であり、友達がいないので家に引きこもっていたため、すべての話題に全くついていけない致命的な人間でした。

そんな僕でも恋愛が実り、男としての自信を取り戻すことができました。

どんなに今、自信がない人でも彼女を作ることはできる。

僕が変われた葛藤の物語を下記の記事で公開しています。

【自己紹介】無口で出っ歯な童貞⇒月に8人の女性と出会い結婚した僕の物語

LINEで恋愛相談を受付中です。

恋愛で悩んでいることがあれば、LINEで悩みをぜひ送ってくださいね。

僕の直通スマホに届きますので、一緒に彼女を作れるよう、前に進んでいきましょう。友だち追加

ここから先は、可愛い彼女を作りたい人以外は読まないでください。

このブログ書いてるの誰だよ!

と思うかも知れないので、自己紹介しますね。

 

僕は無口でブサイクで、友達がいなかったけど、

ある恋愛の師匠との出会いで人生が変わりました。

 

師匠から恋愛を教わった僕は、月に2人の女の子をゲットするようになり、その結果、見た目がドンピシャで興奮する年下の女の子と出会い、彼女にすることができました。

 

今はその子と幸せに暮らしています。

 

僕は昔、誰もが認める無口で、

中学校、高校、大学まで友達が1人もいなくて、

25歳まで女子に触れたこともない童貞でした。

 

当時好きだった子に

「何もしゃべらないし顔もキモい」

といじめられ、本当に辛かったです。

 

そんな女の子をやすやすとかっさらっていく

イケメンリア充は爆発してほしかった。

 

ちょっと口が達者だからって、

ちょっと女の子寄ってくるからって、

調子乗んなよって思ってました。

 

でも、愚痴をこぼしていても人生何も変わりませんでした。

僕は悔しかったので、モテる方法を研究しました。

 

そしたら、運よく恋愛の師匠に出会い、

恋愛を教わることになったのです。

 

すると、あれだけ無口で顔がキモかったのに、
人生初の彼女を作ることに成功してしまいました。

 

僕は自信がついてしまい、舞い上がった結果、

一ヶ月に2人の女の子をゲットして女遊びもしつつ、

今は大好きな彼女と幸せに暮らしています。

 

「は?友達がいなくて童貞だったやつが、見た目が可愛い彼女を作れるわけないだろ!」

 

と思うかもしれません。

 

僕も昔、同じことを思っていました。

 

可愛い子なんかが僕のこと相手にするわけがないと。

 

でも僕は、師匠に出会って価値観が変わりました。

 

その師匠は、僕よりブサイクで、どうしようもない見た目なのに、

可愛い子をバンバンゲットしまくっていたのです。

 

何だこの人は・・・ブサイクだったら女の子は寄ってこないはずなのに・・・いったい何故・・・

 

あまりの凄さに、僕は素直になるしかありませんでした。

 

僕は、師匠に言われたとおりに行動した結果、童貞の卒業どころか、好きになった子と付き合える人間に変化していたのです。

 

別に僕は、あれから性格が変わったわけではありません。口下手なままです。

でも大丈夫でした。

 

好きな彼女とデートができてめっちゃ自信がついて、

仕事もプライベートも超充実するようになりました。

 

昔は好きな子にキモいと言われてマジで死にたかったけど、

その時の感情をバネにして生きてきて、本当によかったと思っています。

僕がこのような人生になれた理由を以下の記事で書いています。

ブサイクすぎる僕の師匠の恋愛ノウハウを読んでみる

心構え
休み時間に30人の女の子にメールして人生変えた、出っ歯でビビリな男の物語

コメント